シャツを脱ごうとしたら、バチバチと音がして静電気が発生。
嫌ですね。
乾燥するこの時期は、静電気も起こりやすくなります。

あの、嫌な静電気を起こりにくくする方法はないのでしょうか?

静電気って何?

子どもの頃、下敷きで頭をこすって髪の毛を逆立てると言う遊びをやったことがあるでしょう。

これも、静電気です。


そして、理科の授業で、物体には+の電荷と、マイナスの電荷がある、ということを習ったと思います。
この、プラスとマイナスの均衡が乱れることによって静電気が起きます

静電気は、湿度が50%未満で起こりやすくなります
12月、1月は静電気が起こりやすい時期です。

衣服の重ね方を工夫しよう!

重ね着をして衣服の素材が異なる時に、衣類同士が擦れ合うと、プラスとマイナスのバランスが崩れるので、静電気が起こります。

衣服の素材によって、プラスに帯電しやすい物と、マイナスに帯電しやすい物があります。

プラスとマイナスを組み合わせて重ね着をすると、静電気が起きやすいのです。

マイナスに帯電しやすい素材

アセテート、ポリエステル、アクリル、ポリウレタン
これらは、マイナスに帯電しやすい素材です。

プラスに帯電しやすい素材

絹、レーヨン、ウール、ナイロン
これらはプラスに帯電しやすい素材です。

マイナス同士やプラス同士の重ね着は、静電気は起きにくいです。

右に書いたものほど、帯電が大きいので、ナイロンとポリウレタンを重ねると、一番静電気が起きやすくなります。


綿と麻は帯電しない

プラスにもマイナスにも書いていないのが、綿と麻ですが、
綿と麻は帯電しにくいです。
従って、3枚重ねる場合は、真ん中を綿or麻にすると静電気を軽減できます

擦れる部分の素材を見て!

スカートが膝周りに絡まりつくのも静電気ですが、静電気が起きるのはこすれる部分です。

素材を確かめる時は、表の部分ではなく、この場合は裏地になりますね。
裏地の表示も確かめて下さい。

いかがでしたか?

静電気防止スプレーを振っても、イマイチ効果がない、と言う方は、衣服の重ね方を工夫してみましょう。

この記事を書いたユーザー

不死身のひみこ このユーザーの他の記事を見る

患者からの目線と元医療従事者としての目線とで、医療や健康に関する記事をメインに書いています。
4度の手術に膠原病でバツイチで・・・と波乱万丈の人生ですが、”人生に喜びや笑いを添付したら結果は出るはず!”という「喜笑添結」で毎日を過ごしています。

得意ジャンル
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • コラム
  • 感動

権利侵害申告はこちら