「こたつ、室町時代に登場し現代にいたるまで日本人に愛され続けている冬の暖房器具…しかし、こんなにのんきで攻撃性のない平和な象徴のような物体がこの後俺を苦しめることになる…」(ドラマのだめカンタービレ 千秋のコタツ初体験説明)

日本人に愛され続けているコタツ、ついついうたた寝しちゃうものですが、それは健康にも想像以上に悪く、心筋梗塞や脳梗塞などひきおこす可能性もあるとか…

コタツで寝てしまったことで…

エッ!コタツで命を落としちゃうの…
これは気を付けなければ!

私の友達のお父様もコタツで寝てしまい、朝冷たくなったお父様を友達自身が見つけられたそうです。二人きりの家族、小学生の時の話だそうです。おやすみと声を掛けて自分の部屋で寝て、普通に起きておはよう!と声を掛けたのに…。そんな悲しい出来事は無くなって欲しいですね。

出典 https://twitter.com

働き盛りのお父様が子供を残して…

半身だけ温める、というのは危険なようですね...私の母も心筋梗塞と大動脈解離の併発でなくなったのですが、もしかするとカーペットの上で寝ていることが多かったせいなのかなぁ、とも思います。しっかり、全身が温まることがきっと大事ですね。

出典 https://twitter.com

お母様がやはり下半身だけ温めて…

私の父親もこたつで寝ている時に脳梗塞になってしまい動けなくなってしまいました(命だけは助かりましたが、後遺症で半身不随です)。歳は48だったので全く同じです(><)この事が沢山の方に伝わる事を願ってます!

出典 https://twitter.com

お父様が脳梗塞で半身不随…

若い人も他人ごとではありません!心筋梗塞で突然に亡くなることも…

出典 http://www.amazon.co.jp

フジテレビ系のバラエティー番組「テラスハウス」に出演していた写真家で音楽家の今井洋介さんが11月23日、心筋梗塞のため死去した。31歳だった。

出典 http://www.huffingtonpost.jp

テラスハウスで出演していた今井洋介さんが亡くなったのが11月。原因はダイエットによる無理がたたったのではと言われていますが日常生活も忙しかったようです。31歳でも体には十分注意する必要がありそうです。

原因は脱水症状

脱水だけでも人間は倦怠感や眠気を感じ、放置すれば死に至ることもあります。

出典 http://news.ameba.jp

脱水症状の要因は冬の暖房器具すべてに言えること。しかし、コタツはその場で寝てしまうことによって汗をかき、水分補給がおろそかになってしまうものです。体の中の血液がドロドロになり血管のつまりに発展、それが脳で起きれば脳梗塞に…

心筋梗塞 症状や前兆

急性心筋梗塞症ではふつう30分以上、前胸部に強い痛みや締めつけ感、圧迫感が続き、痛みのために恐怖感や不安感を伴います。

出典 http://www.ncvc.go.jp

即座に救急車か誰かに助けを求めてください!

左肩、背中の痛み
「放散痛」と呼ばれるもので、実際に痛むべき場所が痛まず、
違う場所が痛むことを言います。

左手小指の痛み

出典 http://happyskywalker.com

心臓の痛みを脳に伝える神経と左肩を通っていることで左肩が痛いな~背中が痛いな~って感じたらもしかしたら心筋梗塞かもしれません!
また、左手小指も痛みがあった場合も要注意です。

不整脈の多くは、心疾患とは関係がないものです。しかし一部に、心筋梗塞と関係するものがあります。とくに過去に軽い心筋梗塞などを起こしたことがある人は、注意が必要

出典 http://www.healthcare.omron.co.jp

動悸やいつもよりやけに疲れる、何だか吐き気、むかつきなど体の不調がでるなど、日頃感じたことのない症状も注意が必要です。

予防・対策

朝起きたときは、体内の水分量が減り、血液も濃くなっています。まずはコップ1杯の水を飲んでから活動開始

出典 https://www.mcp-saitama.or.jp

こたつで寝てしまわないようにするとともに、やはり水分補給をするのが一番の予防につながります。
冬の定番の果物みかんは水分補給を兼ねた健康食なのでしょう。昔ながらの習慣にはやはり健康への役割が存在していて侮れません。

また、生活習慣病予防が叫ばれるように、バランスのいい食事。忘年会、お正月、新年会などコタツを囲んでのお酒でついつい朝までうたた寝してしまう期会が増えてしまうので、水分補給とうたた寝しないようにメリハリをつけた生活を心掛けるのがいいでしょう。

まとめ

 冬の暖房器具コタツ。寒い夜には欠かせない愛すべき暖房器具。電気代のコスト面でも大助かりです。
でも、長時間その場所で座り続けたり、ついついうたた寝してしまったりすることで、風邪をひいたり、腰が痛くなったり、便秘になったり、低温火傷の危険性も…
そして、最悪心筋梗塞や脳梗塞になるリスクもあることを頭に入れておき、特に気が緩むお正月こそ頭の中にそれを意識した生活を、ちょっとしたその意識こそが生死を分けるかもしれないのですから…。

この記事を書いたユーザー

クロダアキヒロ このユーザーの他の記事を見る

最近分かった事なんですけど長文読むの苦手です。もちろん長文書くのも苦手だったりします。なので、Twitterで話題性のあることを中心に今は書いています。

得意ジャンル
  • 話題
  • マネー
  • 社会問題
  • ライフハック
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス