記事提供:カラパイア

戦争は人が人の命を奪うという、平常時では考えられない行為を行い続けなければならない。出会い方が違っていればあるいは友人になることもできたのかもしれない。

だが思考停止してでも自国の為に戦わなければならない兵士たちの精神は極限状態に追い詰められていく。

そんな彼らに心の平穏を与えてくれるのは、純粋無垢な動物たちだ。動物たちと触れ合うことで一時の癒しを得て、小さき命をいたわることで、自分の人間らしさはまだ失われていないことを実感することだろう。

1. ベトナム戦争:1968年、ベトナム・ダナンで、米軍第七海兵隊の兵士は救出した子犬をポケットに入れて運ぶ

2. 第二次世界大戦:1945年、沖縄で子犬と眠る米兵士

3. 第二次世界大戦:子犬が寒くないよう間に入れて眠るロシア兵士たち

4. 第二次世界大戦:1943年、チェニジアで小犬をヘルメットのお風呂に入れる米兵士

5. 第二次世界大戦:1942年、アメリカ兵とカンガルーの赤ちゃん

6. 亀と兵士

7. 第二次世界大戦:1944年、サイパンにて犬と戯れる兵士

8. 第二次世界大戦:ロバを背負い歩く兵士

9. 子猫と遊ぶフィンランドの兵士

10. 第一次世界大戦:1915年、子犬にエサをやるドイツ兵

11. 第二次世界大戦:軍用犬とメッセージとドイツの兵士

12. 子猫を撫でる兵士

13. 生まれたばかりの子猫にミルクを与える兵士

14. 1944年、サイパンの戦場でヤギとバナナを分け合う兵士

15. ベトナム戦争:兵士と彼の犬

16. 第二次世界大戦:穴の中で眠る兵士を見守る犬

17. 第二次世界大戦:1944年、負傷した連合軍のフランス兵はこの後イギリスの病院へと運ばれる。横たわる兵士を癒しにきたのは彼がかわいがっていた野良犬だった

18. 第二次世界大戦:子豚を抱っこする英国兵

19. 第一次世界大戦:1918年2月、犬をお風呂に入れるカナダ兵士

20. ケサンの戦い:1968年、犬を抱きしめる兵士

コメント欄より推薦。1945年、出陣2時間前に子犬を抱く日本軍兵士

出典:vintag

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス