記事提供:NICOLY

大きく体重を減らすダイエットは修行のような食事制限やエクササイズが不可欠だと思われがち。

でも、実は食生活を変えたり運動をすることなく、簡単に大きく体重を落とせるダイエット法があります。

それは「シャングリラダイエット」と呼ばれるダイエット法です。

オリーブオイルを飲むだけ!

「シャングリラダイエット」を考案したのは心理学博士であるセス・ロバーツ氏。

理想郷を意味するシャングリラのように、簡単で夢のようなダイエットであることからこのような名前が付けられました。

ロバーツ氏自身もこのダイエットを行い、15キロの減量に成功したという実績が!

気になるその内容ですが、方法はいたって簡単で、食前に大さじ1杯ほどのオリーブオイルを飲むだけ。

でもどうして、油分であるオリーブオイルを飲んでヤセることができるんでしょうか。

なぜオリーブオイルを飲むとヤセるの?

ロバーツ氏によると、脳は口に入ったものの味の強さによってものを食べたかどうか判断しているそう。

ジャンクフードのような味の濃い食品を美味しく感じてしまうのもこの作用によるものだとか。

しかし、普段から味の強い食べ物を摂っている人が、ダイエットのために低カロリーかつ薄味中心の食生活に切り替えると、脳が「食べ物が入ってこなくなった!」と勘違いをして焦ってしまいます。

そうなると、少量の食事でも多くのエネルギー(脂肪)を身体に溜め込もうとしてしまうのです。

食事制限の後にリバウンドをしやすいのはこの脳のはたらきが原因です。 

脳をだまして太りにくい体をつくる
そこで、オリーブオイルのような味がうすく高カロリーなものを摂ると脳はどう働くのでしょうか。

はじめは、味のうすいものを食べても脳はものを食べたと認識しません。でも、身体にはきちんとエネルギーが入ってきているので、脳は「ものを食べなくてもエネルギーは足りている」と勘違いをして、食事からエネルギーである脂肪を貯めこみにくくなつんです。

つまり、ものを食べても太りにくい体質になるということ。
これが、オリーブオイルを摂るだけでヤセる理由です。

シャングリラダイエットの具体的な方法

基本的なルールは食事の1時間前に大さじ一杯ほどのオリーブオイルを飲むということ。
できれば風味がそれほど強くないオリーブオイルを使うのがおすすめです。
もし、大さじ1杯ではあまり効果がみられない場合は大さじ1.5杯に量を増やしてください。

逆に、大さじ1杯のオリーブオイルで気持ち悪くなってしまう場合はその半分の量から始めて、徐々に量を増やしていってください。

オリーブオイルを扱う上での注意点

ダイエット効果に限らず美容への効果も期待できるオリーブオイルですが、扱い方を誤ると健康を害してしまうおそれが。

オリーブオイルは熱や光に弱く、これらに晒されると急速に劣化をしてしまいます。
だから、涼しく暗いところでオリーブオイルを保管するようにするのがベスト。

透明なプラスチックのガラスの容器に詰められているものではなく、茶色といった光を通しにくい色の容器に入ったオリーブオイルを使うのがおすすめです。

適量のオリーブオイルを

簡単にヤセやすい体と食生活を作れるオリーブオイルですが、摂り過ぎると健康を害するリスクがあります。

オリーブオイルはカロリーの高い食品ですので、せっかく痩せやすい体質を作っても、これを摂り過ぎてしまうと結局太ってしまう原因に。

量と用法を守って、適度に付き合うのがベストなようです。

written by ナカヤマ

この記事を書いたユーザー

NICOLY:) [ニコリー] このユーザーの他の記事を見る

ダイエット、肌のトラブル、バストアップ、整形、妊活、脱毛、などなど・・、コンプレックスを解決するための治療法や体験談を毎日紹介。医師が監修しているから安心。コンプレックスで悩んでいる人を笑

得意ジャンル
  • ライフハック
  • 暮らし
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス