もうすぐクリスマスということで、楽しみにしている子供たちも多いことでしょう。でも、病院で過ごす子供たちにとってはちょっと複雑。重い病気を抱えている子供たちは、家族みんなと家でクリスマスを過ごすことも、兄弟姉妹一緒にプレゼントを開けることもないからです。

楽しい時期が近付くにつれ、辛い気持ちになる子供たちも少なくありません。今年だけでなく毎年病院で過ごさなければならない子供たちにとったら尚更。筆者の住むイギリスでは、この時期、各チャリティショップやスーパーに「病院にいる子供たちへ寄付してあげて」というメッセージと共に、プレゼントを入れる箱が用意されています。

筆者も、5歳の息子が誕生日にもらったたくさんのプレゼントを、くれた人に感謝すると同時にその幸せのおすそ分けをしたいと思い、病気の子供たちに寄付しました。子供たちにとっては、どんなプレゼントでも嬉しいもの。

クリスマス用に綺麗にラッピングされたプレゼントを見て気持ちがほんの一瞬でもワクワクしてくれたらいいなという願いを込めて箱にプレゼントを入れました。

8歳の少女も自分の貯金をはたいてプレゼントを購入!

出典 http://www.dailymail.co.uk

ここに、ひょっとしたらイギリス一親切かもしれない8歳の少女がいます。ポーツマス在住のメイジーちゃん。彼女は自分のお小遣いを貯めたお金400ポンド(約7万6千円)を全て病院の子供たちへのプレゼントに費やしたのです。

実は去年のクリスマスの時期に、メイジーちゃんは腕を骨折。病院でクリスマスを過ごさなければならなかったそう。その時に家で家族と共にクリスマスのお祝いができないこと、プレゼントを開けられないことをとても孤独に感じたんだとか。

8歳で他人を深く思いやる気持ちに感動

出典 http://metro.co.uk

「去年、病院にいる子供って、プレゼントがないんだなってわかって寂しかったの。だから今年は病院にいる子供たちへプレゼントしたいと思って。」ポーツマスの地元の病院に約50個のプレゼントを寄付したメイジーちゃん。

プレゼント選びは両親にも手伝ってもらったそう。「貯金がこんな風に誰かの役に立って嬉しい。」なんと若干8歳で他人を思いやる優しさ。きっとご両親の姿を見て育っているのでしょう。

自分へのプレゼントは一切買わずに、弟二人と一緒に病院の子供たちへプレゼントを届けたメイジーちゃんを両親はとっても誇りに思っているそう。

全ての子供たちに笑顔を

出典 http://favim.com

メイジーちゃんのしたことは、子供たちに笑顔をもたらしただけでなく大人にも感動を与えてくれました。子供と言えば普通は自分がほしいものをねだったりするもの。でもメイジーちゃんの温かい心は病院の子供たちへ希望と喜びを届けました。そんなメイジーちゃんも、今年はきっと素敵なクリスマスを迎えられることでしょう。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス