あなたも駅のホームで遭遇するかも!?年末年始の「駅ナカ紛争」に要注意!

いよいよ忘年会・新年会シーズン。人の移動が増える年末年始になると、駅の中や電車内で知らない人との間に起きる犯罪未満のトラブル「駅ナカ紛争」が増えるのだとか。ニュースでも、携帯電話のマナーやベビーカーのトラブルなどの問題をよく見かけますよね。頻繁に電車を使う都会のビジネスパーソンにとって、決して他人事ではありません。

鉄道係員に対する暴力行為の件数・発生状況について (平成27年度上期/大手民鉄16社)

出典 http://www.mintetsu.or.jp

駅員さんへの暴力行為も年々増えているのだそう。

相手が悪いのに黙ってスルーするだけ?イラっとした時の瞬時の対応

誰しもが巻き込まれる可能性が高い駅ナカ紛争。いざ自分が当事者になってしまったら、何も言い返さずに黙ってスルーしますか。それとも冷静に反論しながら大きなトラブルへ発展させることなく事態を収拾できるでしょうか…。「男なら、一言スマートに言い返してやりたい!」そんな気持ちを抱えながらも、実際にはできずにもやもやしている人も多いのでは?

例えば通勤中の満員電車でされた迷惑行為。肩がぶつかって隣の人に舌打ちをされたり、大きな鞄をグイグイと押し付けられたり、イラッとしたことがある人は少なくないはず。そんな時にいい大人が感情的に騒ぐのは見苦しいですが、何も言わずに済ますのもストレスが溜まるもの。「納得がいかなければ、すぐにその場で言う。その場で言えなければ、後で蒸し返すようなことはしない。」瞬時にそんなスマートな対応をするには日々の鍛錬が不可欠です。

「反論」には必殺技がある!マニュアル化した書籍が新登場

日々の鍛錬が必要と言っても、仕事で忙しい大人の男性にはそんな時間がありません。そこでオススメしたいのが『はじめての 男の反論・反撃マニュアル』(秀和システム/刊)。駅トラブルの実態と具体的な対応について、紛争のプロである弁護士が監修した、どんな人でもスマートに反論できる方法がマニュアルになった一冊です。

先ほどの満員電車での迷惑行為なども、本マニュアルを実践すれば、大きなトラブルに発展させず、相手にバツの悪い思いをさせることができます。つまり「ひと言もの申す」と「喧嘩にならない平和的解決」の両方を、誰でも同時に実現できるマニュアルなんです。

「スマートに反論できる男」は美女からモテるらしい

ステキな美女たちがオススメ本を紹介するサイト「美女読書」をご存知ですか?
こちらのサイトで人気グラドル鎌田紘子さんと一緒に、本書で紹介されているテクニックの一部を知ることができますよ。鎌田さんは日常生活でイラッとしても、我慢して後に引きずることなく、その場でサラッと反論・反撃してしまうタイプのよう。本書のテクニックも普段から実践している、と推薦していました。

ミュージシャンのGACKTさんは、パリのホテル内のビュッフェで入り口近くの席が空いているにも関わらず、そこには座らせてもらえず、中国人やアジア系ばかりが座る奥の席に通されたという人種差別に遭ったそう。そのときに店員に「ひと言もの申した」ことがネットニュースでも話題になっていました。

しっかり備えて、楽しい年末年始を♪

ご紹介したマニュアル本を企画・プロデュースしたのはおちまさとさん。だれもが感じたことのある「イラッ」とするシーンを徹底的に細分化しカテゴリ分けして、くまなく網羅することにこだわったのだそう。私たちが「あーあるある」「こういう人いるわ」と苦笑しながら読めるように編集されているので、スキマ時間のお供にもオススメです。楽しい年末年始を迎えられるよう、駅ナカ紛争に備えることを心がけてはいかがでしょうか。

この記事を書いたユーザー

藤谷まり このユーザーの他の記事を見る

Webコンテンツの編集者・ライター。日々の暮らしを心地よくしてくれるモノやコトが大好き。趣味は、読書/映画/旅/料理/うつわ/インテリア/整理収納/健康オタク。猫とビール、自然派ワインをこよなく愛する。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス