坊主頭に不思議なヘッドアクセをつけて笑う女性の写真、実はがんで髪を失った女性の写真です。でも決して悲しい写真ではなく、彼女が365日、毎日続けた"ある挑戦"の写真なのです。

ある日、3つのがん宣告

サラ・カッティング(Sara Cutting)さんはイギリスで会社を経営するビジネスウーマンでしたが、ある日ガンと診断されます。しかも3つのがんでした。

その後抗がん剤の副作用でブロンドの髪を失う事になるのですが、彼女は坊主頭に365日、毎日違うヘッドアクセをつけた写真をSNSにアップすることで、マクミランがんサポートへの寄付を募ることにしたのです。

※マクミランがんサポート:経済的問題の相談から話し相手まで,がん患者のケアのあらゆる側面からの支援を行う,英国で最も大きなチャリティー組織

出典 https://www.igaku-shoin.co.jp

出典 https://www.justgiving.com

髪を失う前のサラさん。ブロンドに自然なカールのかかった綺麗な髪です。

最初は彼女の容姿を馬鹿にした様な反応でした。しかし次第に彼女の挑戦が話題となり、彼女のいさぎよく勇気ある挑戦は、髪を失った女性を元気づけると、メディアに多数取り上げられ、最終的には、当初の目標を大きく上回る寄付が集まったのです

365日、笑顔になれる写真

イギリス中で話題となった、サラさんのユーモラスな写真を一部ご紹介します。そして、毎日彼女が満面の笑顔で写真を撮っている事にも注目してほしいと思います。

出典 https://twitter.com

58日目

出典 https://twitter.com

67日目

出典 https://twitter.com

85日目

出典 https://twitter.com

109日目

出典 https://twitter.com

117日目

出典 https://twitter.com

126日目

出典 https://twitter.com

168日目

出典 https://twitter.com

172日目

出典 https://twitter.com

188日目

出典 https://twitter.com

225日目

出典 https://twitter.com

262日目

出典 https://twitter.com

325日目

出典 https://twitter.com

340日目

いかがですか。サラさんの写真を見るだけでなんだかこちらまで元気になってきませんか。髪を失うことは男女問わず、国を超えて辛い経験だと思いますが、そんな辛さを乗り越える勇気を分けてもらえそうな気がします。

今も彼女は坊主のまま

この非常にユーモラスな「365日間チャレンジ」は終了しましたが、彼女は坊主のまま、髪をのばしていません。坊主頭も含めて彼女のファッションであり、スタイルだと言うのです。彼女の写真がきっかけとなり、若い世代にがんや検査の重要性などに気付いてほしいと語ります。

彼女は今もヘッドアクセをつけてSNSにアップするチャレンジを続けています。ユーザー名は"fizzysnood"で検索出来ますので、興味ある方はぜひチェックしてみてくださいね。

この記事を書いたユーザー

さくラブ このユーザーの他の記事を見る

美容やファッション大好きな1児のママです。
忙しくても毎日綺麗にしていたい、可愛くなりたいをモットーにしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス