記事提供:まだ東京で消耗してるの?

東京から離れれば離れるほど、強欲になりました。

東京で欲望を爆発させることは、できない

意外だと思われるかもしれませんが、東京は、あなたの欲望を去勢します。あれだけ広告メッセージが流れていても、根本的に、欲望が減じる土壌があるんですよ。

ぼく自身、東京にいた頃は、特に欲するものはありませんでした。事業規模も、せいぜい1,000万円もあれば十分すぎる。

家も車もいりません。ブランドものに興味があるわけもなし、子どもの教育にお金をかけるとかバカじゃないの?どうせすぐに辞めていくし、誰かを雇うつもりもないです。

そんな感じで、東京時代は、ほどほどに稼いで、淡々と創作活動を続けて死ぬつもりでした。

端的にいえば、東京は人が多すぎるんです。人口密度が高すぎて、一人一人の欲望が押さえつけられていることに、気が付きましょう。街が許容できる「欲望の総和」には、限界があるんです。

すごくわかりやすくいえば、東京の中心部で「自給自足できる規模の畑」を持つことは、超絶困難ですよね。まぁ、諦めるしかないでしょう。野菜を育てて自給自足したい人って、けっこういると思いますけどねぇ。

他には、車を持つことも超絶困難です。駐車場で10万以上かかりますからね。無理無理!

3人以上の子どもを持つことも、超絶困難です。保育園入れるのもハードル高いですし、育児ができる家を確保するのも無理ゲーです。東京だと、せいぜい2人が限界じゃないかなぁ…。

地方では欲望が解放される

もうお分かりの通り、地方では、欲望はほとんど際限なく解放されます

広大な土地を手に入れたい?そんなもの、100万も出せばアホみたいな面積の土地が手に入りますよ。んで、でっかい家でも建てればいいんじゃないでしょうか。

1,500万円も出せば豪邸できますよ。畑も田んぼもできますよ。山でキノコ育ててもいいでしょうね。

車が欲しい?えぇ、買いましょうよ。田舎にいくと、「駐車場代」なんて概念はありません。ぼくが住んでいる家も「何台でも停めていいですよ」と言われております。

子どもをたくさん産みたい?大歓迎です。高知に来て驚いたのは、ぼくと同じ世代の方々が、割と普通に3人くらいお子さん育てているんですよ。東京じゃ3人とか無理ゲーなのに。

高知はもろもろのコストが低いので、3人の子どもを育てることは、そう難しい話ではありません。一番大きいのは家賃かもしれませんね。

ぼくの場合は、こちらに来て事業規模を伸ばしていく意識が強くなりました。来期は目指せ2,500万。10年以内に10億円規模まで伸ばします。

なぜなら、お金があればもっともっと面白いことが仕掛けられるからです。東京じゃ10億程度じゃ何もできないでしょうからねぇ…。

東京都民のみなさん。あなたたちの欲望は、街によって、経済によって、「去勢」させられているんですよ。そのことに気付いてますか?

ひとたび都心を離れれば、あなたの欲望は開花し、毎日をワクワクしながら過ごすことができるようになります。

やりたいことがあれば、やればいいんです。田舎には、そういうフィールドが用意されています。ぼくなんて温泉掘るつもりですよ。真面目に。

自分の欲に素直に生きることは、気持ちがいいんです。モノを持たない「ミニマリスト」も素敵ですが、広大なフィールドに放り込まれれば、自然と人間は、開拓者になると思うんですよ。それは環境の問題なんです。

まぁ、来てみればわかるので、ぼくの住む嶺北エリアに遊びに来てくださいませ。地方に転職もいいでしょう。おすすめ地方系転職サイトまとめたので、憂鬱な月曜日に、どうぞ転機を模索してみてください。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス