記事提供:Techinsight

時代の移り変わりとともに殺伐としてきたとはいえ、誰かのために役に立ちたいと考える若者もまだまだ多いアメリカ。

日本の“情けは人のためならず“という言葉にも近い、“Pay it forward(恩送り)”という精神を重んじるのは何も高齢者だけではないようだ。このほど米フロリダ州で…。

見ず知らずの人の役に立とう。親切が新たな親切を生み、人の心が温かくなればこの世の中は平和と愛情で満ちてくる…そんな精神から生まれたアメリカの名作映画に『ペイ・フォワード 可能の王国』(2000年)がある。

このほどフロリダ州で、マクドナルドのある店舗に勤務するマリザベル・フィゲロアさんという女性が「9日の朝、私が担当していたドライブスルーのお客さんたちに素晴らしい“Pay it forward”の精神を見たわ」とFacebookに興奮気味に綴り、

大きな注目を浴びたことを『ABC News』が報じた。

そのムーブメントの発端となったのは、レイクランド在住のトリー・キーンさんという客がドライブスルーを利用した際、「後続の車のお客さんが注文した物も私に支払わせて欲しいわ。

その際は“メリークリスマス”と伝えてちょうだいね」とフィゲロアさんに告げたことであった。後続の車の女性ドライバーは何も知らずにハンバーガーを注文し、代金を支払おうとするとフィゲロアさんに「実は前の車のお客様が…」と説明されてビックリ。

「わかりました。では私も後ろの車の購入代金を支払います」と約束してくれたという。

「“メリークリスマス!この商品は前のお客様からのクリスマス・プレゼントです”と告げると、みなさん呆気にとられた後はとてもにこやかな表情になり、では自分も同じようにと言ってくれます。

ある女性など、後続の3台分について負担してくださいました。マクドナルドに勤務してもう12年になりますが、こんなにも素晴らしい一日は初めて。

私も幸せいっぱい、本当に豊かな気分にさせてもらいました」とフィゲロアさんは『ABC News』に嬉しそうに話している。

フィゲロアさんのその日のシフトは午前9時から午後3時まで。仕事が終わる少し前に「そんなことに私は協力したくない」と拒否する客が現れ、そこで“メリークリスマス/ペイフォワード運動”はストップしてしまったが、

参加者の数はなんと250人にも上ったそうだ。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス