あなたは授乳中に何をしていますか?スマートフォンを片手に授乳やミルクをあげていませんか?実は授乳中にスマホを使うのが非常によくないということを知っていましたか?その理由をまとめてみました。

授乳中は赤ちゃんの目を見る

赤ちゃんの目に見えているのは、ぼんやりした風景。まだ視機能が発達しておらず、およそ20cmの距離でしか焦点が合わないといわれています。

出典 http://news.ameba.jp

赤ちゃんは成長と共に視力がアップしていきますが、ぼんやりとした風景で20㎝程度の距離までは確認できます。

20㎝は顔が見える距離

この“20cm”というのがポイント。ちょうど赤ちゃんがおっぱいを飲むときの、お母さんの顔までの距離なのです。

出典 http://news.ameba.jp

おっぱいを飲んでいる時に赤ちゃんはしっかりとお母さんの顔を見ています。なのでしっかりと目を見てお話をしながら授乳してあげる方がいいのです。

子供に好かれる

お母さんの顔を見る時間が1日に11~12時間を超えると、お母さんの顔を好むようになる

出典 http://news.ameba.jp

1日に11時間程度母親の顔を見ていると子供は母親の顔を好むようになるというデータがあるようです。なのでしっかりと顔を見せてあげることで子供に好かれるようになるようです。

ミルクをあげるときも目を見る

授乳ではなくミルクをあげる場合も同様にしっかりと顔を見せてあげることで同様の効果が得られます。特にお父さんは1日の中でも顔を合わす機会が少ないので、ここぞとばかりにしっかりと顔を見せてあげることが大切です。

子供の目にも悪影響

子供は20㎝程度先が見えているということは、スマートフォンなどの画面も見えている可能性があります。

子供は、大人に比べて瞳孔が大きく、目の中に光が入りやすくなっています。ブルーライトの光はチラつきやすく、目がピントを合わせにくいのです。何度もピントを合わせようと目がすることで、大きな負担となります。子供の目は未発達なため、ブルーライトによって視力低下が起こりやすいのです。

出典 http://crawl3r.com

ブルーライトは大人でも視力低下やドライアイなどの原因になるとして注意がされているものです。そのブルーライトを目が未発達な子供に見せてしまうと視力低下などの悪影響を及ぼす可能性があるようです。

PCやテレビもブルーライトを出します。

多くの電子機器の画面からブルーライトは発生しています。なので子供を抱っこしながら仕事をするなどの行為をしてしまうと、それだけで赤ちゃんの目の負担や親への関心などを奪うことになってしまう場合があるようです。

授乳中のスマホについての反応

授乳中にスマホを触っている人は非常に多いようです。確かに、夜中の授乳など眠気と戦いながらあげている時はスマホやテレビなどで寝落ちしないようにできるので便利だと思います。私個人の感想としては、授乳中のスマホは子供に悪影響があるという話ですが、時々スマホをしながらだったり、授乳中以外にしっかり子供を見ていれば、そこまで気にしなくても大丈夫なのではないかと思います。

この記事を書いたユーザー

ぴか このユーザーの他の記事を見る

静岡生まれ、大学は北海道、その反動で定職にもつかず卒業後は沖縄にて、半年ほどチャリダーをして島々をまわり、東京でお金をためてインドで3ヶ月バックパッカーに、日本に戻ってからは大阪で生活していたが結婚を期に実家の静岡で農業をやるも、考える所があり現在は再び沖縄で生活中の2児の父親です。

得意ジャンル
  • ゲーム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス