下の画像は郵便局から発売されている2016年の年賀ハガキです。
切手部分のデザインが毎年違うものになっており、今回も素敵なデザインになっています。

突然ですが、何のイラストが描かれているか分かりますか?

2016年の年賀ハガキは可愛い花柄ですね。
大小、種類も様々でとても華やか。

…と思いますよね?

実はこのイラストの中に「ある生き物」が隠れているそうなんです。
しかも大量に。

もう一度、見てみましょう。

見つかりましたか?エビ…ですね。

花びらも、葉っぱもエビで描かれています。

ツイッターでも早速話題になっています。

エビのイラストが採用されたワケ。

長寿の象徴としてお目出度い「海老」で「花模様(はなもよう)」をデザインしています。

出典 http://yubin-nenga.jp

今までは外注していたイラストを、社内で募集してみたところ、縁起の良いエビを使いたいというアイデアが挙がり採用されたそうです。

今回だけじゃない。年賀ハガキに隠された物語。

出典 http://fundo.jp

羊が一生懸命編んだマフラーが、12年の歳月を経て完成。

出典 http://girlschannel.net

こちらの猿は12年の間にこどもがうまれたようです。

いろどり年賀はがきとは?

ご紹介したエビの年賀はがきは「いろどり年賀はがき」といって、通常の年賀はがきとは違った特徴をもっています。
宛名面も通信面も白無地のものが一般的な年賀はがきですが、いろどり年賀はがきの通信面には和紙を思わせる模様と淡い色づけがなされています。
価格は52円、インクジェット紙ですが色や模様がついているため、印刷時のインク調整がやや難しくなっています。
日本らしいデザインを生かし、文字中心の年賀状に向いているかもしれませんね。外国のお友達に出しても喜ばれそうです。

さいごに。

差出人からの気持ちだけでなく、郵便局からの素敵なメッセージが隠されている年賀状。
メールやSNSの手軽さも魅力ではありますが、手で書き、手で届けることで、ほっこり幸せな気分になれますね。
2016年はエビの年賀状で、気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたユーザー

さかいまりも このユーザーの他の記事を見る

プラチナライターになりました。
歳をとっても「おんなのこ」らしくありたいと願うズボラ主婦。
プチプラ、可愛いもの、チョコレート好き。
札幌、新潟、東京、埼玉を行き来しています。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 美容、健康
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス