凛とした風貌が特徴的な“ドーベルマン”を、見事に折り紙で表現した…コチラの作品。制作したのは、スペイン、マドリードを拠点に活躍するスペイン人アーティスト“Gonzalo Calvo”さんでして…

日本の伝統的お家芸である“折り紙”を巧みに操り、圧倒的なデザインセンスと、卓越した技術によって…見事なまでに動物を表現した作品の数々は『まるで本当に命が吹き込まれているかのようだ』と話題になり、現在、スペイン国内のみならず、世界中で注目されています。

動物たちのディテールも然ることながら、紙質にもとことんこだわるという…“Gonzalo”さんの折り紙アート。では、無限の可能性を感じる作品の数々。一挙にご覧下さい!

いかがでしたか?

幼き頃から慣れ親しんだ“折り紙”なだけに、そのあまりのアーティスティックな変貌に驚きを隠せない…Gonzaloさんの折り紙アート。なお、Gonzaloさんは、動物だけではなく…

楽器や日用品、想像上の生き物等、幅広く作品を手掛けていますので、折り紙の新しい可能性に興味を持った方は彼のHP。是非、覗いてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス