パソコンサポートセンターでは日々お問い合わせを沢山いただきます。

大好評だったパソコンのサポートセンターにまつわるお話し第二弾です!第1弾は、以下のリンクよりご覧ください!

「はい」と「YES」しかボタンがない!キャンセルできない!

実際はどうかわかりませんが、お子さんがいわゆる成人サイトを開いてしまってどうしようもなくなったというお問い合わせが多数寄せられました。なぜ問い合わせるのかというと、全画面表示になり、右上の×ボタンなどが見えなくなってしまうから、という症状が多かったためです。(少し前の話です)

ポップアップ画面のトラブルで、「はい」というボタンと「YES」というボタンしかなくてキャンセルできません!助けて!

というお客様からのお問い合わせが増えた時は、あまりの衝撃でちょっと笑ってしまいました。一瞬、右側にあるボタンがいつもの癖でキャンセルだと思い、押そうとしてびっくりしてしまいますよね。

サポセンが恐れる一番怖い言葉…

「なんかパソコンの画面が青くなって英語が表示されて動かないんだけど」

これほど聞きたくない言葉はありません。ゾッとするという表現が一番あたっていますが、まずはお客様に事情を伺いますが大抵は再インストールのご案内となることがほとんどです。

パソコン初心者のお客様は、自体がどういった状態か飲み込めず大変なことであると自覚するとパニックに陥られますが、再インストールが終わるまでお手伝いすることがほとんどでした。

好みの女が出てくるサイトを教えてくれ!

「金髪でスタイルがよく(本当はより具体的な指示があり)キレイなねーちゃんが見たい!」というお問い合わせでしたが、お伺いしているとどうやら海外のサイトをご覧の様子でした。お好みの女性がどういった方なのか存じませんので、お伺いすると「藤○紀○」とおっしゃられてしまい金髪女性じゃなかったのかな…と困惑することがありました。

実はこういった希望通りの女性が見られなかった!というクレームのようなお問い合わせも意外と多いのです。

あんたねぇ!なんで見えてないのよ!

サポートセンターのお問い合わせの9割がクレームといっても過言ではありません。ただでさえうまくいかないパソコンの操作にイライラが募り、こちらの指示も多くなってしまうため限界値に達したときはこのセリフなのです。

「なんで見えてないのよ!見てわかるでしょう!!」

お客様、お電話ですので見えません。大変申し訳ございませんが… と申すのですが、なんで見えないのぉおお!と叱責されるが多いのです。今では、デスクトップ画面を遠隔操作してくれるサービスもあるようですね!

パソコン用語が言葉の壁に大変身!

「スタートボタンを押してください」とお伝えすると、ほとんどの方がキーボードを見ています。そう、ボタンを押すというのはよく考えたら変な言葉ですよね。マウスでスタートという文字をクリックしてくださいお伝えすべきなのです。

パソコンを立ち上げる(お客様が立ってしまう)
パソコンを落とす(本体を叩き落そうとする) 
再起動してください(電源ボタンを押してしまう)

そういった「つい使ってしまう言葉」が本当に気を付けなければなりません。ただ、どうしても電話では限界があります。マウスのボタンを押してくださいというと、マウスを持ち上げ画面に張り付けギュッと押し付けるという動作をされてしまうこともしばしばあるのです。

言葉の壁、もどかしさ、そういったことはサポセンメンバーは常日頃精進しつつも、どのようにお伝えすることが一番いいのかを勉強しております。

この記事を書いたユーザー

ぽんたす このユーザーの他の記事を見る

山の麓に移住しスローライフを楽しみながら記事を書くWebライターです。
お役立ち情報など、色々な話題を発信中!

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス