あまりに理不尽な要求をしてくる客がモンスタークレーマーと呼ばれ社会現象にもなっています。こんなことでキレるのか!ということも多いです。中には逮捕される騒動に発展することも…。

今回はその中でも理不尽だろ!と叫びたくなるようなクレームを紹介します。

「下のお名前は?」でクレーム

前の職場であったクレーム、お客さま入用の書籍がなかったので注文→登録するのに名前を伺った際、「下のお名前は?」と聞いたら「下の名前」というのが卑猥にあたると割と大きなクレームになった。なので以降はフルネームで聞くようにと全店共通のルールになったことある。

他の店舗のクレームだったけど、聞いて馬鹿馬鹿しいなと思ったなあ…。

出典 http://news.livedoor.com

Twitterに投稿されたツイートですが、一気に拡散されたつぶやきでした。「下のお名前」で卑猥だと想像する方が、卑猥のような気がします。

「お待たせしました」で客からクレーム

1人目の客の会計が終わり、ユーザーは次の客に「お待たせしました」と声をかけたそうだ。

すると、会計が終わった客が戻ってきて「ちょっと不愉快なんですけど」とクレームを付けてきたというのだ。

その客はさらに「私が小銭探すのにすこしかかったからって、次の人に『お待たせいたしました』って、まるで私が待たせたみたいに言いやがって」と、詰め寄ってきたそう。

出典 http://secrettalk.me

そんなことでわざわざ戻って来ることに恐怖を感じます。きっとこのクレーマー自体も待たせていることを自覚していたのでしょうね。

ラーメンよりギョーザが先だろ!で3時間居座り

ラーメン店の対応に腹を立て、店に約3時間居座ったとして兵庫県警明石署は8日、不退去容疑で同県明石市の会社員の男(32)を現行犯逮捕した。男はギョーザから提供するよう注文したが、ラーメンが先に出てきたため激怒。店長と口論になり、店に居続けたとして逮捕された。

出典 http://www.sankei.com

クレームで逮捕者が出る事態になりました。逮捕された人は一応「餃子を先に出すように」と頼んだそうですが、このような事件になったそうです。こだわりがありすぎるのもよくないですね。

妖怪ウォッチでバナナを食べるシーンが卑猥だ!と苦情

【「性的表現」に関する意見】
子ども向けアニメ番組で、男性設定のキャラクターが女性化して、意味ありげにバナナを食べるシーンがあった。子どもには意味が分からないかもしれないが、親として非常に不愉快だった。

出典 http://www.bpo.gr.jp

人気アニメ妖怪ウォッチでの一コマを見て、一緒に見ていた親がBPO(放送倫理・番組向上機構)にクレームを出しました。

金爆の鬼龍院翔もファンから驚きのクレームが

過去にツイッターで、ライブ後にすぐ次の開催地に移動したことを報告したところ、ライブに来ていたファンから「真剣に怒った文」で「わざわざそんな事を書くなんて無神経、メンバーがまだ同じ土地にいると浸らせろ」というリプライを受けたという。

出典 http://ima.goo.ne.jp

これには鬼龍院さんも驚いたようです。好きだからTwitterをチェックしていたんだと思いますが、そんなに目くじら立てる内容ではないように思いますが…。

Twitterで「実際に言われたクレーム晒す」というハッシュタグで投稿が盛り上がる

接客業をしていると避けられないクレームの数々。そんな中、Twitterでは「#実際に言われたクレーム晒す」というハッシュタグが話題になりました。

番号が気に入らない…。店員さがそれを気にしていたら接客になりません。

シールを貼ってほしいという気持ちはわかりますが、取っておいてなんて無理があります。

理不尽すぎるクレームにどこまで対応すべきか考えさせられる

最近ではすぐにクレームを言う人が増えています。自分の心の中で思ったことを我慢できなくなっているようです。お店が改善されるようなクレームはその店や働く人にとってプラスになりますが、あまりにも理不尽すぎるクレームはよくありません。

しかしお金を受け取る店側にとって、どこまで対応するべきなのか難しい問題でもありますね。

いろんなクレームを見ましたが、どれも自己中心的な考えが元で起こっていますね。人間には個性がありそれぞれの考え方も違いますが、あまりに理不尽なクレームはよろしくありません。自分は大丈夫だと思っていても、口に出す前に一度よく考えてから発言したほうがよさそうですね…。

この記事を書いたユーザー

白うさぎ このユーザーの他の記事を見る

芸能ニュース、芸能ゴシップ好きの33歳女性。ブログをお休みして、最近はSpotlightでの執筆にハマる日々です。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス