会社のデスクの電話が鳴れば、「おはようございます。株式会社○●でございます」と電話を取るのが当たり前ですが、近年、電話が取れない若者が増えているそうです。

一日中スマホを触っているくせに、いったいどうしたのでしょうか?

知らない人からの電話

今から10年ほど前でしょうか?

一般家庭の固定電話にナンバーディスプレーと言うサービスができて、筆者の家のFAX付き固定電話も、電話に出る前に誰からかかって来た電話なのか判るようになりました。

見知らぬ番号の時は、家庭教師の勧誘や浄水器や布団を買いませんか?といった類なので、番号を見て電話に出ないこともありました。

しかし、PTA関係や子供会などのママ友さんや仕事関係の人など、私は知っていても子どもは知らないという人から電話がかかってくることはよくありました。
料理中等で手が離せない時などは、「電話出て~」と子どもに電話に出て貰うことも多々ありました。

私よりも子どもの方が電話に近い場所にいる時は、子どもが電話を取ってくれました。

だから、どこのご家庭でも子供が知らない人からの電話に出ることは、日常茶飯事でした。

1家に1台ではなく、1人1台の時代

近年は、1家に1台の固定電話ではなく、1人1台ずつスマホや携帯電話を持つ時代になりました。
固定電話は置いていない、というご家庭もあるのではないでしょうか?

そのため、子どもは知らない人からの電話に出るということがなくなりました

1日中スマホを手放さないで持ってはいても、大半がLINEです。直接声を聞いて話をすることはあまりないようです。

知らない人からの電話は無理です!

電話を取ることができない若者は「知らない人からの電話無理!」「知らない人からの電話は怖くて取れない」と異口同音に言うそうです。

しかし、お客様からの問い合わせなどの電話がかかってくる場合は、大半が知らない人からの電話です。
そういうことを言われたのでは、仕事になりません。

慣れれば大丈夫だろうと、電話のマナーなどを教育するのですが、1週間もすれば「やっぱり無理です。バイト止めます。電話に出なくていいバイトを探します」となるケースが多いようです。

スーパーのレジや、ファーストフード店の店頭や調理、ファミレスのホール係なら、仲間からのインカム連絡はあるとしても、知らない人からの電話はないでしょう。

コールセンターのバイトなど恐ろしくて、とてもとてもできないのでしょうね。

就職の時はどうするのだろう・・・?

ナンバーディスプレーなどなかった時代の、黒いダイヤル式の電話が懐かしく感じます。

彼の家に初めて電話した時、すごくドキドキして、市外局番を回し終えたところでやっぱり止めて、あと4つの番号を回せばいい所で止めて、あと2つ回せばいい所で止めて・・・・と何度も何度もダイヤルを回し直したことを想い出しました。

彼からだと思ってドキドキしながら出たら、しょうもないアンケートで「ガチャン」と切ったり、というのも懐かしい想い出です。

固定電話がなくなって、変な電話がかかってくることは防止できますが、あのドキドキも今は経験することもないのでしょうね。

電話をかけたら小さな子供さんが出てきて、「お母さんに代わってくれますか?」と言うと「お母さんいまウンチしてる~」とか「お母さん、今お昼寝中」なんていうのもあったなあ。

知らない人からの電話が怖い若者たちは、就活の際はどうするのだろう?
電話に出なくてもよい職種を探すのでしょうか?選択肢が大幅に狭くなりますが・・・
固定電話を置いていないご家庭は、固定電話を復活させて、ナンバーディスプレーは消して、今から電話に出る訓練でもしますか?

あなたのお子さんは、知らない人からの電話大丈夫ですか?一度確かめておく方がいいかもしれませんね。

この記事を書いたユーザー

不死身のひみこ このユーザーの他の記事を見る

患者からの目線と元医療従事者としての目線とで、医療や健康に関する記事をメインに書いています。
4度の手術に膠原病でバツイチで・・・と波乱万丈の人生ですが、”人生に喜びや笑いを添付したら結果は出るはず!”という「喜笑添結」で毎日を過ごしています。

得意ジャンル
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス