東京都豊島区にある『大塚麻雀スタジオ』で行われた生放送対局中に、麻雀の最高峰と言われる役満“天和(テンホー)”が成立した…奇跡の動画。これが『凄すぎる!』『初めて見た!』『鳥肌モノ!』と話題になっていたので紹介したいと思います。

神の領域とも呼ばれる『天和(テンホー)』という役。これは、親の配牌の時点で既に、和了の形が完成している状態であり、英語では「Heavenly Hand」「Blessing of Heaven」と訳される究極の役でして、ポーカーで言うならば、最初に配られた5枚のカードですでに“ロイヤルストレートフラッシュ”が出来ているという…奇跡としか言い様がない役になります。

そんな神の領域に足を踏み入れたのは、RMU所属の“月島ひかる”プロ。

配られた牌を綺麗に並べ変える月島プロは…

この時

『天牌(テンパイ)しているかな~』

と思ったそうなのですが…
※テンパイとは後1牌でアガリになる状態

まさかの『天和』が成立している事に気付き、そっと

『ツモ!』

の声。(笑)
(※ツモとは、自分が持ってきた牌でアガル時に使う言葉。 他人の捨て牌でアガル時にはツモではなく「ロン」と言います。

ちなみに、この『天和』。出現確率は約33万回に1回だと言われており、毎日半荘5回ずつ打ったとしても、61年に一度しか起こらないという奇跡の役満。これは伝説の動画と言っても過言ではありません。

なお、一般的に、役満をやられた場合、他のプレイヤーたちは『クソ~!』『マジかよ!』という反応になるのですが、さすがは『天和』。

もはや笑うしかありません。

では、麻雀史上最高役と言われる『天和』が成立した…奇跡の瞬間。動画にてご覧下さい!

出典 YouTube

まさに神の領域!

麻雀には『出現したら死ぬ(運を使い果たす為)』と言われている“九蓮宝燈(チューレンポートー)”という役満があるのですが、そんな九蓮宝燈よりも出ないと言われている『天和』。

この奇跡。これは未来永劫…語り継がれていくことでしょう。

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス