キューバの南、ジャマイカの西に位置するサンゴ礁の島『グランドケイマン島』。かの有名なコロンブスが、1503年5月10日、4度目の航海で発見した島と言われており、また、たくさんのダイビングスポットに恵まれた海は、世界一の透明度と相俟って、観光客の憧れの的となっているのですが…

今、この素晴らしき珊瑚の海が…危機に直面しているんです。

サンゴ礁の上に横たわるチェーンのような物体。

それは海底にあるサンゴ礁の上に

まるで、這うように置かれ…

異様な雰囲気を醸し出しているのですが、実はコレ。

豪華客船が停船する為に海に投げ入れた

錨(いかり)

でして…

船が動くたびに錨によって、サンゴ礁が破壊される様子を捉えたこの『Zenith Anchor Damage』という動画は、公開後、あっという間に100万回以上再生され、現在、世界中で話題となっています。

ちなみに、全長約200m、総トン数3万3千トンの船の場合、錨の重さだけで約7トンほどあるそうですが、そんな鉄の塊が動けば、サンゴ礁は…ひとたまりもありません。

では、重い錨&チェーンが、次々とサンゴ礁を破壊していく…心が痛む動画。ご覧下さい!

出典 YouTube

これは酷い!

なお、↑コチラが“グランドケイマン島”に停船する豪華客船を捉えた写真ですが、グランドケイマン島には巨大船が横付けできるような桟橋がない為…

このように、岸から200mほど離れた場所に船が停船し、乗客はテンダーボートに乗り換え上陸するとのことですが、これによって、素晴らしいサンゴ礁が次々に破壊されていると思うと、なんとも言えない気持ちになりますよね。

とてつもないほどの長い時間をかけ、形成されていくサンゴ礁。それを、人間の勝手な欲求によって、破壊していくのは…いかがなものでしょうか。利便性を考え、より岸の近くへと停船しているのでしょうけれど、本当にサンゴ礁の事を考えるのならば、砂地を選ぶ等、他の方法は幾らでもあるような気がしてなりません。

綺麗な海を楽しむ観光客の下で、もの凄いスピードでサンゴ礁が崩壊しているという…悲しき事実。未来に綺麗な海を残すためにも、一刻も早い見直し、そして、観光客側もしっかりとこの悲惨な状況を把握し、美しきサンゴ礁…守っていってほしいですね。

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス