アムールトラとは、現存する8つのトラの亜種でも特に大型の体躯を持ち、ネコ科の中でも最大の亜種。
雄の個体では全長3m、350kgを超えた例も報告されているどう猛な猛獣。
主にイノシシや鹿、そしてツキノワグマやヒグマを捕食する虎。 この中でヒグマはアムールトラのエサの18・5%を占めるというから更に驚き。

そんな猛獣、アムールトラを飼育しているロシア極東の沿岸都市、ウラジオストクにあるサファリパーク。ここに住む雄のトラが、生き餌として与えられたはずのヤギと友情を育み、パークに訪れた人々の話題となっている。

こちらの雄アムールトラ、名前はアムール。
そして仲良く寄り添っているヤギ、名前はチムール。

チムールは先月”週に2回の生餌”としてアムールの檻に入れられました。
過去3年間アムールが与えられ続けた生餌たちとなんの変りもなく。

しかし、アムールを恐れる事もなく近づいてきたチムールに対し、
襲う事すらしなかったアムール。
なんと、それまでアムールが寝起きしていた寝床でチムールが眠るようになり、アムールは屋根の上で夜を過ごすまでに。

朝になればパーク内を仲良く散歩。追いかけっこをしたり昼寝をしたり、
まるで生まれた時からの兄弟のように過ごしているアムールとチムール。

驚くことに、アムールはチムールに対してエサの捕り方を教えるような行動も見せているという。
この奇跡の友情物語は、地元ロシア人の間で大きな話題と感動を呼んでおり、サファリパークはアムールの飼育場内にライブカメラを設置し、2匹の情報を随時更新する予定なのだとか。

出典 YouTube

一体アムールの中で、チムールの何が他の生餌たちと違ったのか、
理由はわからないにせよ2匹の友情物語に今後も注目必須!ですね。

その他、合わせて読みたいお勧め最新記事↓

この記事を書いたユーザー

sayacafe このユーザーの他の記事を見る

プラチナ公式ライターsayacafeです。
アメリカを拠点にファッショントレンド、サイエンス、ライフハックやレシピ。
海外ならではの面白いニュースや、日本では話題に上らないようなローカル情報をピックアップして配信しています。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 美容、健康
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス