ある日ガーデニングを始めようと思い立った男性。スコップや軍手、腐葉土を園芸ショップから買ってきて、いざ始めようと腐葉土の袋を開けたところ…

中から予想もしない物が出てきたのです!

それは小さな小さなリスの赤ちゃん。
今にも死んでしまいそうな瀕死状態で腐葉土の袋に入っていたのです。ガーデニング初心者の男性はワケがわからず、こういうことはよくあるのか?どのようにして袋に入ったのか?いろんな事を考えた末、とりあえず自分で育てることにしました。

1週間後

出典 http://imgur.com

男性はこのリスの赤ちゃんを『ジップ』と名付けました。
まだ自力で食べられないジップに男性は毎日エサをあげ、順調に育ち、少し毛が生えてきました。見えますか?薄っすら毛が生えていますね。

2週間後

出典 http://imgur.com

毛の量が増えてきました。少しはリスらしくなったでしょうか。でもまだまだ未熟で目も開かず、細心の注意が必要でした。

3週間後

出典 http://imgur.com

シッポにもすっかり毛が生えてリスらしくなってきました。この頃からよく動くようになってきたそう。
それでも手のひらより小さいですね!足の指がめっちゃ可愛い!

4週間後

出典 http://imgur.com

ジップの目が開き始めました。まだぼんやりしてそうです。

6週間後

出典 http://imgur.com

視界が広がったこともあり、かなりアクティブになってきたそうです。しかし自力で歩き回るにはまだ筋力や体力が備わっていないようです。

その後

出典 http://imgur.com

ジップは立派なオスリスになりました!
男性と一緒に出かけることもあるそうです。ハンドルによじ登って可愛い!

出典 http://imgur.com

エサもガツガツ食べます。食欲旺盛だそう。
エサを与える男性の指をつかんで食べてる姿勢がまた癒されるー。

出典 http://imgur.com

大好物のブルーベリーをちょーだいちょーだいしているところ。

そもそもリスってこんなに人に懐くの?と思われた方も多いかもしれません。ジップの場合、きっとこの男性を親だと思っているのでしょう。しかし、私が以前ニューヨークにあるセントラルパークに行った時、野生のシマリスがカメラのレンズを覗き込みに来たり、そばまで寄ってくる人懐っこさにホッコリした記憶があります。友人宅の庭に現れるリスは人の気配を感じると逃げていましたが…

まさか腐葉土の袋の中で瀕死状態のところを救われたなんてきっと知らないジップ。すくすく元気に育って何よりです!

ヒトとしても、まさか園芸ショップの腐葉土からリスが出てくるなんて思いもしませんよね。しかもリスの赤ちゃんなんて初めて見るし、それがリスだなんてわからなくないですか?ネズミのような、犬にも似てるような、プレイリードッグかな…育てていくうちに“リスか!”ってわかりそうですね。楽しそう。優しい男性に見つけてもらえて良かったですね!

可愛らしいお話、いかがでしたか?
ほっこり癒された方は是非シェアしてくださいね。

この記事を書いたユーザー

A.Jism このユーザーの他の記事を見る

海外かぶれ✈︎のコテコテ大阪人ライターです。まだ日本では伝えられていないような海外ニュースを中心に、育児ネタ、雑学ネタを記事にしたいと思います。多くの人に感動を、そして様々な問題を考えるキッカケを与えていきたいと考えています。やんちゃな2児の育児に奮闘する傍ら、執筆活動を頑張っています★よろしくお願いします!

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 育児
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス