今、リンゴとジンジャーエールでスマートフォンやタブレットが充電できる画像や動画が話題になっています。本当に充電可能なのでしょうか?詳細をまとめてみました。

リンゴとジンジャーエールで充電する

リンゴにジンジャーエールを注ぐことでコードでつながっているタブレットに充電中のマークが表示されるという画像です。

リンゴなどで充電する動画

出典 YouTube

リンゴに直接コードを差し込むだけで充電されているように見えます。

リンゴで充電できる原理

現在使われている多くの種類の電池は、「酸化される物質」と「還元される物質」、そして「電解液」の組み合わせでできています。レモン電池の場合、「酸化される物質」はレモンに刺した亜鉛、「還元される物質」はレモンに刺した銅板上の水素イオン、そして「電解液」がレモンの汁、という組み合わせになっています。

出典 http://www.nhk.or.jp

小中学校の実験で行った人も多いと思う、レモンを使って電池をつくり豆電球などの灯りをつける実験です。この方法を利用するとリンゴなどでも発電は可能ということになります。

リンゴで充電は可能か?

出典 YouTube

一応ジンジャーエールをかけなくとも、レモン電池と同じ原理でリンゴ単体で電極(亜鉛板と銅版など)を挿せば電気は発生しますが、微弱なものなので、とても充電ができるようなものではありません。

出典 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

基本的にレモン電池等で発電できる量では、豆電球をつける程度の電力しか発電できません、なのでスマートフォンなどを充電することは不可能だということです。

この記事を書いたユーザー

ぴか このユーザーの他の記事を見る

静岡生まれ、大学は北海道、その反動で定職にもつかず卒業後は沖縄にて、半年ほどチャリダーをして島々をまわり、東京でお金をためてインドで3ヶ月バックパッカーに、日本に戻ってからは大阪で生活していたが結婚を期に実家の静岡で農業をやるも、考える所があり現在は再び沖縄で生活中の2児の父親です。

得意ジャンル
  • ゲーム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス