LINEでスタンプ使っていますか?

今や「メールして」より「LINEして」なんて会話が多くなったこの頃。そんなLINEのやりとりに花を添える「LINEスタンプ」は使っていますか?

こんなLINEスタンプあればいいのにと思った事ありませんか?

無料のスタンプや有料のスタンプ、色々販売されていますが、
「こんなのがあればいいのにな」
「あんなデザインのがあれば使うのに」
などと感じた事ありませんか?

無いなら自分で作っちゃえ!

自分で?
そう、自分で作れます。しかも販売できます!自分で作って自分で使うのもいいけど、それを友人、その他世界の人に使ってもらえたら嬉しいですよね。
難しそうですか?いえいえ、そうでも無いんですよ。

さっきからクマのイラストが出てきますが、実はこれ、筆者が作って実際販売しているLINEスタンプの一部です。
こんな画力でも作れるのです(笑)これはこれで味があって筆者としては可愛いと思っています。

実はiPhoneだけで作成しています!

このLINEスタンプ、筆者はiPhoneだけで作成できるのです。今回は簡単にその方法をまとめてみたので、興味のある方は是非ご覧ください!

筆者の使っているツール

出典Photo by touko

筆者のiPhoneには画像のように6つのアプリを入れて、これを使い分けて作成しています。それでは手順を紹介します。

①絵を描く

出典Photo by touko

まずはスタンプにしたいイラストを描きます。

②絵を取り込む

出典Photo by touko

選択部分を囲み、取り込みます!

出典Photo by touko

このように取り込めます。そしてカメラロールに保存します。

③色を塗る

上記のアプリで色を塗ります

出典Photo by touko

色鉛筆のような質感で色を塗りたかったので、こちらのアプリで色をつけました。

他の色をまた別のアプリで

出典Photo by touko

先程のアプリで塗り終わればそれでいいのですが、まだ塗り足ら無いので上記のアプリでまたハートなどを塗りました。もちろんどんなアプリでも色塗り出来たら大丈夫です。

④文字を入れる

保存した絵を呼び出し、フォントを入れます

出典Photo by touko

出典Photo by touko

フォントも自由に選べるので、好きなフォントで。
もちろん、手描きで文字をすでに入れていたり、文字が必要無い場合は割愛してください。

⑤透過する

出典Photo by touko

LINEスタンプは透過が必要です。
上記のアプリで絵を取り込み、自由削除を選んで透過します。

細かい部分の透過を忘れないように!

出典Photo by touko

文字の小さな部分の透過を忘れないように気をつけましょう!

⑥サイズを合わせる

トップ画像は240×240ピクセルなのでサイズを設定、pngファイルにして保存します。

完成

出典Photo by touko

透過しているのでバックが黒くなります。

あとは42個作り、申請!

トップ画と、タブの画像、そしてスタンプの40個の合わせて42個の画像を用意して完成です!LINEクリエイターズマーケットに登録、申請しましょう。

見事承認されると販売できます!

出典Photo by touko

いかがでしたか?

だいぶ簡潔にまとめてみましたが、なんとなくスタンプを作る流れがわかるかと思います。是非自分のお気に入りを作ってみてくださいね!

この記事を書いたユーザー

Touko このユーザーの他の記事を見る

2人の娘を持つ母親です。プチプラな情報に敏感。しまむらなどのプチプラなお店が大好き。なのに元百貨店販売員(笑)

権利侵害申告はこちら