仕事中に机がカタカタカタカタ・・・・

うん?地震? と思ったら、隣の机の人が貧乏ゆすりをしていた。
もう!!うっとうしいなあ!! 
と、貧乏ゆすりをしている足を蹴ってやりたくなったよ~。

こういう経験をした人もいるでしょう。
しかし、貧乏ゆすりには健康に良いことが沢山あることが判ってきました。

①ストレス発散になる

貧乏ゆすりは転位行動の1つだと言われています。
無意識に体を動かすことで、ストレスを発散させているのです。

貧乏ゆすりを止められると、イライラしてくるのではないでしょうか?

②血行が良くなる

貧乏ゆすりを始めてから5分で約2℃、皮膚温が上昇することが判っています。

ふくらはぎの筋肉が伸縮することで、足に貯まっていた血液を心臓へ送り返すことができます。
血行が良くなるので、冷え性の人にも良いでしょう。


(数値は、国立長寿研究センター 中村室長の調査より)

③エコノミークラス症候群の予防にもなる

長時間足を動かさないでいると、足に血液が滞ります。立ち上がって歩き出した瞬間に、足に貯まった血液が胸に飛んでしまうのが、エコノミークラス症候群です。

貧乏ゆすりで足を小刻みに動かすことで、予防となります。

④むくみの解消にも

貧乏ゆすりは、足のむくみの解消にもなります。

足のむくみに悩む主婦3人に5分間貧乏ゆすりをしてもらったところ、ふくらはぎが数センチ細くなったと言う実験結果があります。

小刻みに足を動かしているのですから、血行がよくなることは想像できましたが、周りの迷惑もありますよね。

貧乏ゆすりではなく、ゆっくりと足を上げ下ろしするなどで代用してもらうとよいでしょう。
一人の時はどうぞ自由に、貧乏ゆすりをして下さい。

この記事を書いたユーザー

不死身のひみこ このユーザーの他の記事を見る

患者からの目線と元医療従事者としての目線とで、医療や健康に関する記事をメインに書いています。
4度の手術に膠原病でバツイチで・・・と波乱万丈の人生ですが、”人生に喜びや笑いを添付したら結果は出るはず!”という「喜笑添結」で毎日を過ごしています。

得意ジャンル
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • コラム
  • 感動

権利侵害申告はこちら