記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
出産したら赤ちゃんが小さいうちはなかなか自由に行動できなくなるので、妊娠中に旅行を楽しむ人も増えていますね。しかし、妊娠中はいろいろなトラブルや制限がつきもの。
そこで今回は、妊娠中の旅行について、どのような点に気を付ければいいのか、医師に解説していただきました!

妊娠初期の旅行

Licensed by gettyimages ®

旅行自体は基本的には問題有りません。
しかし、激しい運動や長距離の移動はなるべく控えましょう。体に負担を掛けることで、流産してしまう可能性もあるためです。綺麗な風景を見たり、日常から離れて精神的にリラックスできることは、お腹の赤ちゃんにとっても重要なことです。
飛行機での移動も特に問題有りませんが、つわりの時期は、乗り物酔いがひどく出ることがありますので、十分に注意してくださいね。

妊娠後期の旅行

Licensed by gettyimages ®

予定日が近付いてきたらなるべく旅行は控えましょう。
普段と違う環境や長距離の移動によって思わぬ負担となり、早産につながることがあります。
旅先での早産は、これまで受けてきて妊婦検診の結果が十分に反映されないだけでなく、赤ちゃんや母体にとっても大きな負担となります。
また、飛行機での移動も予定日が近付いてきたら基本的には禁止です。気圧の変化により早産や破水につながることがあります。 時折、機内で出産したということが美談として取り上げられますが、機内ではもちろん産後の管理や赤ちゃんの適切な処置ができませんので、思わぬトラブルを招くことがあるため、そうならないためにも、飛行機は使用しないようにしましょう。

≪妊娠中、正しい生活できていますか?≫
妊娠中の生活でグッと安産に近づける!安産を目指すためのポイントは

【医師からのアドバイス】

妊娠中もちょっとした近距離の軽い移動は、精神的にも身体的にも良い効果をもたらします。
おなかの張りが酷くなったらすぐに引き返す勇気を持って、積極的に出かけるようにしましょう。

特に旅好きの方にとって、妊娠中は何かとストレスが溜まるかもしれませんが、このコラムを参考に、是非有意義な旅行に出かけてくださいね。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス