"運命の赤い糸”というものを皆さんは信じていますか?実際に目には見えない糸のようなものが小指に結ばれており、それを辿っていくと運命の人と出会えるんだとか。

今回ご紹介する、優さん・杏美さん夫婦は付き合ってから2年、結婚してから1年を迎えているそうですが、未だに結婚式を挙げていないそうなのですが……

ある日、友人から一本の赤い糸を手渡された杏美さんなのですが、戸惑う暇もなく友人に赤い糸を辿っていくように伝えられます。

その先に、驚くような結末が待っているとも知らずに……

かごを手に持ち…

出典 https://www.youtube.com

『何も言わずに携帯を持って下に降りてきてください。』

早朝から、優さん・杏美さん夫婦が暮らしている自宅の下から、電話でそう伝える友人の女性。

降りてみると…

出典 https://www.youtube.com

お化粧もしておらず、着ている洋服も部屋着の状態の杏美さん。

友人と一緒にドイツ村に行くという約束をしていたそうですが……

『それは、嘘で…』

出典 https://www.youtube.com

『えっ!?』と驚きながらも、友人から赤い糸の入った一つのかごを手渡される杏美さん。

友人から『いまから赤い糸をかごに入れながら辿って行って』と伝えられ、戸惑いながらも、辿っていきます。

そこに待っていたのは…

出典 https://www.youtube.com

スーツを着た男性とリムジンが待っていました。促されるままにリムジンに乗り込むのですが、中で何かが待っているのでしょうか。

出典 https://www.youtube.com

リムジンの中にも何も待ち構えておらず、杏美さん以外誰もいない状態である場所へと連れて行かれます。

とある場所で…

出典 https://www.youtube.com

リムジンに乗り、連れて行かれた場所で降りると、再び赤い糸を辿っていきます。すると数回の階段を上り、一つの扉の前に辿り着きました。

扉を開くと

出典 https://www.youtube.com

目の前に現れたものは、純白のウェディングドレスです。笑いながら『ビックリです。なんですかこれ?』と疑問を持つ杏美さんですが、これからいったい何が行われるのでしょうか。

そこには…

出典 https://www.youtube.com

純白のウェディングドレスに身を包み、赤い糸を辿っていくと、今度は赤い糸を編んでいる友人夫婦や息子、そして最愛のご主人である優さんの写真が飾ってある大きな扉の前に辿り着きました。

笑顔になっている、杏美さんですがいったい何が待ち受けていたのでしょうか。

赤い糸を辿ってきた先は

出典 https://www.youtube.com

早朝に友人から『赤い糸を辿っていって』と伝えられ、言われるがままに辿っていったその先には、純白のウェディングドレスと白のスーツに身を包んでいる優さん。

『ウェディングドレスを着たい』という夢を唯一語っていた杏美さんへ、優さんが贈るサプライズなのです。

日頃の感謝と愛を込めて…

出典 https://www.youtube.com

杏美さんへ宛てた手紙を読み始める優さん。

杏美へ

まずは付き合って2年、結婚して1年、今日まで一緒にいてくれてありがとう。
家に帰れば、笑顔で「おかえり」って言ってくれる杏美がいてくれるから次の日も頑張れます。

いつも家族のために自分を犠牲にしてまで、頑張ってくれている杏美の唯一言っていた夢、それは『ウェディングドレスを着たい』と言うことでした。その夢をどうしても叶えてあげたくて準備してきました。

これだけの人が杏美のために集まってくれたことに、俺は改めて最高に素敵な人を妻として、そして人生のパートナーとして選べたことを幸せに思います。

おじいちゃん、おばあちゃんになっても仲良しの夫婦でいたいと思うので、これからもよろしくお願いします。

優より

出典 https://www.youtube.com

『ありがとうございます。』

出典 https://www.youtube.com

優さんから素敵な気持ちを受け取った杏美さんは、『朝起きたまま夢の状態のような気がして…ありがとうございます。』と照れながらも涙する杏美さんはとても幸せそうです。

このような素敵なサプライズを見て、私まで幸せな気持ちになれました。"運命の赤い糸”というものは、実際には見えないかもしれませんが、確かに繋がっているものなのかもしれませんね。きっと、杏美さんにとって優さんが運命の人だったのでしょう。

優さん・杏美さん夫婦ならきっと幸せなご家庭を築いてくれることでしょう。お子さん共々、末永くお幸せに。

▼運命の赤い糸を辿っていくサプライズはこちら

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

MIRUYO編集部 このユーザーの他の記事を見る

話題のオモシロ動画まとめアプリ「MIRUYO」の編集部。

アプリでは人気の動画を毎日100本以上配信しています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス