街中がイルミネーションで彩られ、クリスマスソングが流れ、クリスマスツリーが飾られ、年末の大きなイベントであるクリスマスムードが高まってくる季節ですね。そんな時に感じるひとりぼっちの寂しさは、普段の数倍も数十倍もありそうです。

そんなボッチ族を応援するかの様に(?)毎年話題になるのが、イギリス海軍の底抜けに陽気なクリスマス動画。オーシャンの乗組員達が、マライア・キャリーのクリスマスソング「All I Want For Christmas(恋人たちのクリスマス)」に合わせて、歌う動画なのですが…

とにかくもう、乗組員の皆さん、はっちゃけ過ぎです。

もう全力で楽しんでる!

おトイレからもメリークリスマス!

シャワーブースからも愛をこめて歌っちゃうよ。

クリスマス、楽しいじゃん!

どうです?なんだか元気が出てきませんか?

実はオーシャンの乗組員達は、当初は7週間の予定で配備演習航行に出航したものの、突如発生したリビアでの紛争にり、そのまま帰宅する事なく、国連の強力部隊として任務に就く事になりました。そのために当初の7週間の任務期間が7ヶ月半に延長。

予定外の勤務の延長の為、この7ヶ月半の間に、結婚式をあげた乗組員が5人(その時だけ一時帰国を許可)赤ちゃんが生まれた乗組員が15人(これもその時だけ一時帰還が許可)、しかし子どもの入試結果・卒業式・入学式に立ち会えなかったという人もいたそうです。

そんな7ヶ月半を過ごし、12月9日(金)にようやくイギリスへ帰還する事が決定。その帰還に合わせて、家族に向けて作成された動画がこの「恋人たちのクリスマス・イギリス海軍バージョン」なのです。そりゃぁ、はっちゃけたくもなりますよね。

そんな彼らが帰還した時の様子がこちら。

家族にとっても、乗組員にとっても、この日が最高のクリスマスプレゼントになったのではないでしょうか。

そんな乗組員達が、全力で楽しみながら家族の為に作ったクリスマス動画、笑いながらも、見ているうちになんだかちょっと泣けてきちゃいます。

それは・・・喜び溢れる底抜けにご陽気なクリスマスの様子は、ぜひ動画でご覧ください!

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

愛犬と一緒に、海を眺めながら暮らしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス