いじめから逃げる=負け?

Licensed by gettyimages ®

わたしも小学生の時、いじめられていました。誤解を恐れずに言うならば、わたしの場合「いじめられるにも理由がある」というタイプだったと思います。今はごく普通の主婦ですが、みんなに馴染めない子、誰とも仲良くできずにずっと一人で過ごし、その割りに悪目立ちする子でした。

精神と頭脳の発達がアンバランスで、成績はよくても衛生観念が低かったり・・・とはいえ、持ち物を捨てられたり、後ろから蹴られたり、お腹をなぐられたりするのはウンザリでした。

「外で遊ばないのはいけないと思う」という理由で学級裁判にかけられるのはウンザリでした。そこで、私は私立の学校に編入しました。

それは逃げだったでしょうか?わたしはギリギリ不登校にはならず、少ないながらも友人ができ、ふつうに大学へ行き、就職し、結婚しました。私は生き残ったのです。

逃げたことで、人生はどう変化するのでしょうか?

「生き残る」これが生物すべての目標であるはずですね。

上手な逃げ方、とても必要なスキルかもしれません。

お腹が痛い・・・気持ち悪い・・・・・まずは一度休んでみましょう!

住んでいる区画で振り分けられた場所で、なぜ命をかけて戦わなければいけないのでしょうか?逃げて、生きているだけで、大成功です。

「生まれた場所」が「生きていく場所」「ふるさと」「楽園」だなんて決まっていません!もしかしたら、地球の裏側にあなたの<ホーム>があるかもしれませんよ?

大人に伝えよう!大人はちゃんと受け止めよう!!

Licensed by gettyimages ®

周りの大人は、神様ではありません。あなたがいじめられていること、周囲になじめないことに気づくことがいつもできるとは限りません。あなたが一人でいたい人なのか、ハブられて一人なのか、外からはなかなかわからないのです。

さらに、意図的に隠されてしまったら?「毎日たのしいよ」「友達と遊んでるよ」というあなたの言葉を信じてしまったら?もしそれで、あなたが一人悩んで死んでしまったら・・・。

親にとって本当に<失望>するのは、あなたに友達がいないことではありません。いじめられるような弱い子だからではありません。あなたが相談してくれないことです!!

とてもいいアイデアだと思います。性関係の知識にしても、いじめにしても「しないようにしましょう」ばかりでは、防ぎきれないこともあります。

いじめは災害と同じです。合わないように・・・ではなく、あったときどうするかという相談をふだんからしておきたいですね。

いじめられていること、大声で叫びましょう!教師が聞いてくれないなら、親に、教育委員会に、メディアに・・・弁護士に相談したっていいんです。戦う方法はあります!教師に期待しすぎるのも毒です。抱え込まないで。

お休みしてみれば「ちょっとお休みすると解決すること」なのか、「逃げなきゃいけないこと」なのか「とどまって戦うべきこと」なのか、親子で整理できるかもしれません。

「おかあさん、お腹痛い」って、言ってみて!大丈夫。もしウソがバレたとしても、そこが解決の始まりになるかもしれないから。

戦えない・・・怖いし、恥ずかしいし、何を言われるか分からないし・・・そんなときは逃げましょう!

忘れないで!親にとっての勝ち=「子どもが生きていること」

Licensed by gettyimages ®

「逃げ癖がついたらどうしよう」「そんな風に逃げて、ちゃんとした大人になれるのだろうか?」たしかに、親ならば気になるところです。でも、わすれないで!親にとって、一番大切なことは<子どもを生きて大人にすること>です。

子どもを亡くしてから、学校の理不尽と戦うより、子どもと一緒に困難の道を歩むほうが、親にとって大切なことではないでしょうか。

親は、大人は、教室という狭い世界の外を知っています。(そういう点で言うと、教師は教室という内宇宙から出たことのない人たちなのです)。

だから、もしその狭い世界で子どもが窒息しそうになっているのなら、外へ逃がしてあげる役割を担っているはずです。

話を聞きましょう。子どもはいじめを隠すものです。「いじめられたからといって、軽蔑したりガッカリしたりはしない」と伝えてください。

そして、子どもが相談をするときは、勇気を振り絞っているときです。否定したり、気のせいだと笑ったりせず、とにかく話をきいてあげてください。そして、解決策を探しましょう。

この記事を書いたユーザー

ミントチョコレートアイスクリーム このユーザーの他の記事を見る

ふつうの主婦です。時短勤務中。海外ドラマとリアリティーショウが大好きです。

得意ジャンル
  • 動物
  • 海外旅行
  • 料理
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • ゲーム
  • カルチャー
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス