子供に「今日、学校どうだった?」と聞いても…

子供に「今日、学校どうだった?」と聞いた時の返答は?

子どもが「楽しかった」と答え、それで終わり。

出典 http://www.sinkan.jp

「楽しかったよ」で終わりませんか?

「今日学校どうだった?」「んー、別に」または、「楽しかった」

出典 http://dual.nikkei.co.jp

「別に何も…」という、素っ気ない返事が返ってくることもあります。

親子の会話は、単語ではなく文章で話そうと意識することがとても大切なのです。

出典 http://dual.nikkei.co.jp

実は、この親子の会話、あまり良い会話とは言えません。良い会話とは、言葉のキャッチボールが、ある程度の長さを伴う「文章」で行われる会話のことです。

「学校どうだった?」は抽象的すぎる

「学校どうだった?」という質問は、抽象的すぎるのです。

その質問は子供にとっては抽象的すぎてかなり難しいみたいです。

出典 http://news.line.me

その質問に対し、子供は何を答えていいのかわからないのです。

実は子どもとしては、それに対して何と答えて良いか、結構戸惑うようです。

出典 https://mamanoko.jp

大人でもそうだと思います。「調子はどう?」と聞かれても、「まぁまぁだね」、「そこそこ忙しいよ」、「あまり変わりないね」ぐらいの回答しかできないと思います。

相手が何を知りたいのかわからないから、曖昧な返答になるのです。

「答えるのが面倒くさい」と思っているかもしれません

この質問に対して、「特に何も…」、「別に…」という返事が返ってきたら、(子供が)「答えるのが面倒だ」と思っている可能性が高いでしょう。

それを繰り返していると、子供は、「親との会話は楽しくない」、「親と会話すること自体が面倒だ」と思うようになるかもしれません。

親としては、寂しい話です。

会話は、クローズド・クエスチョンから始める

子供との会話は、クローズド・クエスチョンから始めます。

相手が「はい、いいえ」または「AかBか」の択一で答えられるような、回答範囲を限定した質問の仕方

出典 https://kotobank.jp

イエス・ノーで答えられる質問のことを、クローズド・クエスチョンといいます。

厳密な意味で、クローズド・クエスチョンでなくても構いません。

給食は何だった?お昼は何を食べたの?

出典 https://mamanoko.jp

子供が何を聞かれているのか、はっきり理解できる質問をします。

今クラスで休み時間に一番人気がある遊びは何?

出典 https://mamanoko.jp

答えも明確で、比較的答えやすい質問ですね。

学校に着いて一番最初に話したのは誰だった?

出典 https://mamanoko.jp

まずは、わかりやすい質問で、会話をスムーズに始めます。(コミュニケーションの)エンジンをあたためて、動きやすくするというイメージです。

オープン・クエスチョンを混ぜていく

その後、オープン・クエスチョンを混ぜていきます。

今日お友達のことで何か発見したことはある?

出典 https://mamanoko.jp

オープンクエスチョンは、答える側の自由度が高い質問です。「学校どうだった?」もオープン・クエスチョンですが、もう少し(子供が答えやすいように)具体的に聞きます。

子どもが、「○○くんと○○くんと一緒にサッカーをして、すごく楽しかったよ」と、文章で答えらえるようにするのがベストです。

出典 http://www.sinkan.jp

子供が、「○○くんや□□ちゃんと■■して遊んだよ」と、文章の形で答えてくれれば、OKです。このような返事を引き出せるように、クローズド・クエスチョンとオープン・クエスチョンを組み合わせてみましょう。

親のコミュニケーション能力が試される場面です。

子供の気持ちを尋ねる

その時どんな気持ちだった?と聞く方法です。

気持ちを尋ねることで、会話の幅が広がります。「仲間に入れてと言ったけれど、お友達が仲間に入れてくれなかった…」と子供が言ったら、「聞こえなかったんじゃないの?」、「言い方が悪かったんじゃないの?」などとは言わずに、その時どう思ったのか、気持ちを尋ねてみましょう。

そして、子供の気持ちに共感しましょう。子供が「悲しかった」と答えれば、「悲しかったね…」と子供の気持ちにそっと寄り添えばいいのです。

子供が冷静になれば、そんな思いをほかの子にさせないように、「仲間に入れて」と言ってくる子がいたら、「仲間に入れてあげようね」と言うこともできます。

パパとママが文章で会話する

子供と文章で会話するためには、親同士がそうしていなければいけません。

気を付けたいのは、なんと日頃の両親(つまり夫婦)の会話

出典 http://www.sinkan.jp

普段親同士で、素っ気ない会話をしていませんか?

「何時に帰る?」「7時」

出典 http://www.sinkan.jp

ひと言で答えたり…ですね。子供はその会話を聞いていますよ。

語彙は、日々の暮らしのなかで自然に身についていくもの

出典 http://www.sinkan.jp

そして、子供は、人同士のコミュニケーションは、そんなものでいいんだという、誤った認識を持ってしまいます。子供のコミュニケーション能力が低ければ、それは親の問題かもしれません。

我が身を振り返って、反省する必要があるかもしれませんね。

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス