記事提供:カラパイア

カロリン・ブリーズの父親、ジョージさんは、プラスチック工場での仕事を失い、失意のどん底にあったという。

子どもの頃からジョージさんの器用さ、センス、一つのことにとことん打ち込む性格を知っていたブリーズは、自らの仕事であるアクセサリー作りを父親に依頼した。

するとその作品は、驚くほど独創的で美しく、それでいて暖かく、まるで命を宿した生命体のような素晴らしい作品が次々と出来上がった。

現在Etsyで販売しているそれらの作品は大好評で世界中から注文が来ているという。

がっかりしていた父親も、今ではアクセサリー作りに目覚め、毎日生き生きと新たなる作品を生み出しているそうだ。

どことなくスチームパンクっぽいニオイもするこれらの作品、2000円台から20000円台まで様々なアクセサリーがEtsyで販売中である。独創的なアクセサリーが欲しい人は要チェックだ。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス