モーニングコーヒー

朝のコーヒーも2人で一緒に淹れるだけで2倍シアワセ。

イギリスに住むイラストレーターの Philippa Riceさん。カップルの日常をイラストにまとめたSoppyというタイトルの本の中には、小さな幸せが一杯詰まっています。

キュートでポップなイラストで表されたカップルは、フィリッパさん自身と一緒に暮らしているBFだということです。

若いカップルはもちろん、熟年カップルでも、「あ~、わかる」「うんうん、これやってる」と言ってしまいそうなものばかり。ぼーっとしたい午後に、ぜひ開いてみたい本ですね。にやにや、ほっこりしちゃいます。

初めて届いた二人宛の手紙

「わ~い!私達の2人に宛てた手紙が来たよ~!」
「なにそれ?」
「私達の最初のガス代請求書よ!」

2人一緒ってところがポイントよね。

たまにはわがままも言っちゃう!

「あのね、お願いがあるんだけど~」
「このシャツちょっとダサくて、ぜんぜん似合ってないからさ~」
「え~?そう?」
「ね、ね、だからこれ、私がもらってパジャマにして良い?」

ごろごろしてるだけでシアワセ~♥

彼が本を読んでる時だって、隣でむぎゅっと手を握ってるだけで、シアワセ~♪

反対に私が本読んでたら彼が来て退屈そうだから・・・

一緒に毛布に包まって~ からのぉ、後ろからむぎゅ!

シアワセすぎる・・・ぽっ。

ソファーでうたた寝 パターン2

「もう寝ちゃった?」
「ううん、起きてる・・・」

そして、いつの間にか2人とも、夢の中。あるよね~、このパターン。

ソファーでうたた寝 パターン3

「zzzzzzz.....」
(寝ちゃってるよ)
じゃ僕も!
2人で一緒に 「zzzzzzz.....」

このカレシの足、あ~わかるうう。

IKEAの家具を組み立てるのも2人!共同作業がウレシイ♥

なんだか、”2人で”って言うだけで、シアワセな気持ちになれちゃう。

うふっ、ご飯作るのも2人一緒だとチョー幸せ

どうってことない、毎日の作業・・・じゃなくなっちゃうから不思議。楽しいんだもん!

たまのデートは、大好き度をマックスにしてくれる~♥

あ、回転寿司だ!

秋風が吹いたって、繋いだ手が温めてくれる~♥

ねぇねぇ、怒ってるの?

「どうした?」
「怒ってるの?ねね、絶対僕に怒ってるよね」
「・・・・・・・・・・」

「だんまり作戦かい?」
「NO」

「だって集中しようとしたら、こんな顔になっちゃうんだもん」

微笑ましいな~。でも万が一喧嘩した場合は、この次のイラストみたいに仲直りできたら最高!

仲直り

「そっかぁ」
「私もミルクシェイクにしちゃお」



「ごめんなさい」
「僕の方がごめんなさい、だよ!」 ハグハグ~むぎゅ。

近くに居たいの♥

「ね、ここで本読んでも良い?」
「ん?良いけど?」

一緒の部屋に居るだけで、とってもシアワセ♥

今晩のご飯何にする?じゃんけんして決めよう、的な♥

「宅配ピザ頼みたいなぁ、でも、今日はご飯作らなきゃ、だし・・・」
「じゃ、コイン投げで決める?」
「じゃ、私はDVD投げて決めるよ」「表が出たら料理する、裏が出たらピザね」

・・・表が出た・・・

「ね、やっぱりピザにする?」

だったらするな!(笑)

心配させてごめんよぉ~♥

「うわーーーーーーーーーーーーーーー!」
「ど、どうした?大丈夫?」
「ごめん、紅茶、飲み忘れちゃっただけ・・・」

もう、心配しちゃったじゃないのぉ~♥ でも何でもなくて良かった~♥

時には妥協も大事♥

「あのぉ、だれか私の場所で寝てますけどぉ?」
「だって、今日はこっちに寝るの、僕の番だもん」
「だ、だめだよ、僕がこっちに寝る日だってば!」
「おやすみ~♥」

まったく、もう、君ったら・・・

一緒にベッドで本を読むだけで超シアワセ♥

特別なことなんか必要なし。普通のこんな日常が2人でいるだけで、シアワセ!

ごろごろキュン~♥

ラブラブ、2人の法則は、ごろごろ、むぎゅっ!
体の一部どこかが触れてるだけで、シアワセなんだもん~♪ 

ハグ♥ハグ♥ やっぱりこれが一番だにゃ

むぎゅ、むぎゅ。足元に注目! わかるぅ~

2人で遠くを見つめること・・・

そこに2人の未来はあるのかな、って。

遠い遠い水平線の先。2人の未来が見えたら良いね!

シアワセな2人だから、時には感傷的になってしまいます。実は不安な気持ちになることも。恋をしたことがある人なら、きっとこの気持ち、わかるはず。

「Soppy」というのは、びしょびしょとか感傷的という意味がありますが、この場合は、めろめろという意味。めろめろな2人の日常がぎっしり納められているイラスト本は、洋書を扱う書店でお求めいただけます。(アメリカでは Barnes & NobleやAmazonなど)

イラストの掲載につきましては、作者のライスさんより、直々に許可をいただいています。
「I'd love for you to feature my artwork on spotlight-media.jp! Thank you. 」

この記事を書いたユーザー

LittleD このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。テキサス州在住。料理研究家でフリーランスのコラムニスト

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • グルメ
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス