政府広報オンラインの詐欺防止WEB動画「毎日話せば詐欺は防げる」編が泣けると評判です。自分の故郷を離れえ暮らす人、自分の親に顔を見せたり話をしたりする機会の少ない人は、思わずグッときてしまうのではないでしょうか。

政府広報ではこのたび、高齢者の息子、家族、友人からのこまめな声かけ、日頃の連絡こそが、詐欺防止に繋がることを表現した「毎日話せば詐欺は防げる。」というコンセプトのもと、タレントのカンニング竹山を起用したWEB動画を制作。

出典 http://www.m-on.press

主演の竹山さんが演じているのは、オレオレ詐欺の被害にあってしまった母親の息子。息子はイライラとした調子で「何やってんのよ……前にも言ったじゃん。気を付けてねって。金渡す?普通」と母親に電話口で伝えます。その様子を後ろから心配そうに見守る奥さんと娘さん。

おそらく広い家の中で一人、電話口にいる様子の母親は、息子の声に申し訳なさそうに小さく背中を丸めて黙り込んでいます。その姿を見ているだけで、胸がギュッと締め付けられそうな気持ちになります。

でも電話では、息子にそんな母親の姿は見えません。母親を責めても仕方ないとわかっていても、ぶつけどころの無い詐欺グループへの怒りもあり、母親に「俺に電話一本かけてよ。確認してよ」とたたみかけてしまいます。

それでも何も言わない母親に、イライラした調子で「聞いてる?!」と言う息子。すると息子と二人で撮った写真をじっと見つめ「年取ったんかねぇ…」と、絞り出す様な声で答える母親。

そして、続けて「あんたが…助かればと思って…」と、それだけ答えるのが精一杯の様子で息子に答えるのです。

その言葉にハッとする息子。「俺が……俺がもっと、連絡とってれば……」

「オレオレ詐欺を防ぐのは、オレだ」「毎日話せば、詐欺は防げる」というメッセージのこの動画、親と離れて暮らしている人にはグッときてしまうシーンです。

演出はあの犬童一心さん

この動画の監督を務めるのは、『ゼロの焦点』『ジョゼと虎と魚たち』『のぼうの城』『眉山 びざん』など、数々の話題作を手掛けた犬童一心監督。母親役の徳納さんは、「滝を見に行く」を見て犬童さんが出演を依頼されたのだとか。

音楽は吉田山田さんの新曲「母のうた」

出典 http://yoshidayamada.com

そして息子と母親の回想シーンでかかる「母の歌」が、視聴者の心を大きく揺さぶります。

毎日話せば、詐欺は防げる

同動画は、息子や家族、友人らが、日頃からこまめに声をかけ、連絡を取ることで詐欺防止につながる「毎日話せば詐欺は防げる。」をコンセプトに制作。竹山は、劇中の気持ちや心情の変化について、監督から丁寧に説明を受け、「このCMで詐欺を絶対に減らそうという気持ちを持って、一緒に頑張りましょう」という監督の言葉に、力強く頷き、毅然とした表情で撮影に挑んだ。

出典 http://www.oricon.co.jp

竹山は、「田舎の母親に、時々あんな感じで電話することがあります」と電話のシーンでは役柄と自身を重ね、声の強弱やニュアンス、語尾や息遣いなど、ワンカット毎に精度を高めた。監督の理想とする、いたたまれなさ、上手く言葉にできない感情ややるせなさ、後悔や怒りといった、複雑な気持ちがないまぜになった難しい役どころに挑んだ。

出典 http://www.oricon.co.jp

動画を見て思わず涙・母親に電話する人も

そんな心に響く動画をご覧下さい

出典 YouTube

いかがでしたでしょうか?

この動画を見て何かを感じたら、ぜひ、そのまま故郷の親御さんに声を聞かせてあげて欲しいと思います。

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

愛犬と一緒に、海を眺めながら暮らしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス