記事提供:Techinsight

思わず失笑するような不正侵入事件のニュースが米ミズーリ州から飛び込んできた。この時期はクリスマス・イルミネーションも美しい「バドワイザー」社の工場で逮捕された男の名とは…!?

世界トップレベルの販売量を誇ることで知られるビール「バドワイザー(Budweiser)」。

ミズーリ州セントルイスにある本社工場にこのほど19歳の若者が不正に侵入し、警備員らの「出ていきなさい」という再三の命令を無視したことからセントルイス警察に通報され、御用となった。しかし警察官の「名前は」の問いに男は…。

地元メディア『Fox2Now/ST.LOUIS』が伝えているところによれば、男は3日の午後6時すぎに車で同社の敷地に入り、同48分にセキュリティゲートを突き破って工場へ。自身はフェンスを飛び越えて醸造所に忍び込んだという。

不正侵入および公務執行妨害につき逮捕された男の名はバド・ワイサー(Bud Weisser)。昨年8月にはガラス窓を割ってガソリンスタンドに侵入し、窃盗を働いて逃走。現場の血痕DNAからその後に逮捕されていた。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス