記事提供:バズプラスニュース

人気テレビアニメ「おそ松さん」の第9話として放送された、「恋する十四松」というストーリー。

あまりにも意味深なストーリーだったため、視聴者によってさまざまな考察がされている。

・ここから先はネタバレが含まれる

ネタバレになるので詳しいストーリーは書かずにおくが、これから先は少なからずストーリーに触れる部分が出てくるので、読みたくない人は読まずに別のページへと移動したほうがよい。

・本当の意味

「第9話を考察している人はたくさんいますが、誰一人として本当の意味を理解している人がいなくて悲しい」と語るのは、アニメオタクになって40年の河野正樹さん(53歳)。いったいどういうことだろうか?

河野さんに解説してもらった。

・おそ松さん第9話「恋する十四松」の本当の意味

「以前、おそ松さんは、第1話やデカパンマンのストーリーが、大人の事情によりお蔵入りになりましたよね。

クレームしか頭にない暇人のクレーマーや、心の狭い同業他社のアニメ関係者のせいでお蔵入りになり、ニュースとしても報じられたので、皆さんも記憶にあると思います。今回の第9話は、そんなお蔵入りになった作品に対する供養なんですよ」

「第9話に登場した女子は、このままこの世から消えようとしていた。しかし十四松に励まされ、恋愛は成就しなかったものの、彼女は心を癒やされた状態で地方へと旅立っていった。もうお気づきですよね。

この女子はお蔵入りになった作品のメタファーなんです」

「十四松が女子に渡したリストバンドには「お前はおそ松さんから退場することになるが、それでも俺たちの大切な作品だからな」という、スタッフからお蔵入り作品に対する意味が込められているんです。

二度と帰ってこない作品に対し、おそ松さん作品であることを認め、供養したんです」

「お蔵入りになった第1話やデカパンマンは、二度と公式にブルーレイに収録されたり、配信されることはないでしょう。しかしスタッフは、第1話もデカパンマンも、作品として素晴らしいものであることを自負し、いつまでも心に残すことでしょう」

女子=お蔵入り作品(面白いが理解なき人から嫌われる存在)

十四松=スタッフ

命を助けられる=おそ松さんにとってなくてはならない重要な作品である

十四松をふる女子=スタッフが認めても世間が認めない作品である

立ち去る女子=お蔵入り

女子に十四松が送ったリストバンド=お蔵入りでも「おそ松さん」の作品である事に違いはないという印

「視聴者の皆さんが考察して導きだしたのは、あくまで表のテーマ。真の意味を持つ裏テーマが、今回解説したものになります。ダブルの意味を込めてあの作品を作ったスタッフに敬意を表したいです」(河野さんの解説ここまで)

・急にシリアスな恋愛ストーリー

なるほど、確かに、そういう考察をしている人はいなかった。いわれてみれば、急にシリアスな恋愛ストーリーになったのも驚かされた。皆さんは、今回の考察をどうお思いだろうか?

出典 YouTube

出典:おそ松さん

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス