記事提供:UNIQLO

気温もグッと下がり、冬の到来を肌で感じる今日この頃。当然、気になるファッションアイテムは「アウター」ですよね。

そこで今回は、この冬に押さえておきたい6大アウター別の最旬コーディネートを、スタイリスト・村上忠正さんに教えてもらいました。カラーリングの注意点やレイヤードのコツ、都会的に見せる小技など、今スグ実践したい着こなし術が満載です。

スタイリスト村上忠正さん

メンズファッション雑誌から広告やカタログなど、幅広いフィールドで辣腕を振るう人気スタイリスト。豊富な知識と経験に裏打ちされたスタイリングは繊細かつ緻密で、ドレスからカジュアルまで、あらゆるテーマでその腕前を発揮してくれる。

■トレンドから定番まで、幅広くそろったウール素材アウター

ダッフルコート/ワントーンでまとめながら細部に小技を効かせる

「トラッドなデザインが魅力のダッフルコートは、奇をてらった合わせ方ではなく全体をダークトーンでまとめるなど、ミニマルな着こなしがオススメです。

タートルネックセーターからネルシャツの襟をラフに覗かせた首元や、ジーンズを軽くロールアップさせてスッキリとさせた足元など、ディテールで小技を効かせれば今年らしい都会的なコーディネートに仕上がります」

チェスターコート/異素材MIXでハズすことで新鮮さをプラス

「今季の大本命アウターが、このチェスターコート。その佇まいからモードライクな着こなしにピッタリですが、少しハズしてあげることで新鮮さがプラスされます。

ダウンベストコーデュロイパンツなどと合わせれば、スタイリッシュさに加え、温もりのある着こなしに。マフラーは首もとでボリュームが出ないよう、ひと巻きくらいでスッキリさせるのがオススメです」

<その他の着用アイテム>
カシミヤタートルネックセーター

ピーコート/ワンマイルコーデに合わせて気取らずスタイリング

「メルトン地のピーコートの特長は、どんなアイテムとも合わせられる汎用性の高さ。リラックス感の強いスウェットパンツを軸にしたワンマイルコーデとも相性が良く、ラフさと上品さを兼ね備えた新感覚の着こなしがつくれます。

パデットパーカのオレンジ、フリースの白を、差し色としてチラ見せしてレイヤード感を強調すると、着こなしがより緻密になりますよ」

※パデットパーカとフリースは12月下旬販売予定です。

<その他の着用アイテム>
ヒートテックニットキャップ

■防風性・防寒性に優れた高機能アウター

ダウンハーフコート/冬のジャケットスタイルと好相性

ジャケットに合わせるアウターとして最適なのがダウンハーフコート。やや長めの着丈がジャケットとのレイヤードにぴったりで、大人っぽい印象で着こなせるんです。

ジャケットとの色合わせを意識して、ニットキャップやシューズなどの小物もダークトーンでそろえることで、着こなしに統一感が生まれます。汎用性が高いアウターなので、1着持っておくと重宝しますね」

<その他の着用アイテム>
カシミヤタートルネックセーター
ストレッチセルビッジスリムフィットジーンズ

ダウンジャケット/武骨なアウトドアテイストを、あえて軽減

「防寒性や耐久性などの機能性を備えたアウターは、ファッションにおいては野暮ったく見えてしまう時も…。なので、ダウンジャケットを着こなす時はできるだけ、アウトドアアイテムらしく見せないことが重要です。

上品な風合いのジャケット、清潔感のあるタートルネック、格調高いレザーシューズなど、あえてキレイめなアイテムと組み合わせてもらいたいですね」

<その他の着用アイテム>
ヒートテッククルーネックセーター
ルーズフィットテーパードジーンズ

パデットジャケット/シャツ&ニットと合わせてトラッドに昇華

「サイクルジャケットのような、ラウンドした背面の裾が特徴の、中綿入りのパデットジャケット。スポーティな雰囲気ですが、トラッドなアイテムと組み合わせたキレイめのストリートスタイルで着こなすのが正解です。

トップスにはボタンダウンシャツクルーネックセーターの定番コンビ、ボトムスにはスポーティさと上品さを兼ね備えたジョガーパンツが最適ですね」

※パデットジャケットは12月下旬販売予定です。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス