記事提供:いいモノ調査隊

もうかなり寒くなってきましたね。こんなに寒くなってくると、外出も少なくなって、自宅にこもる時間が増える筆者。

週末ともなれば、材料を買い込んで料理を作り、友人と宅飲み三昧というのが、冬の生活スタイルです。日本酒片手に、海の幸、山の幸を使った料理をいただく幸せ。たまりません!

でも筆者、自慢じゃありませんが、魚をさばけません。山の幸はともかく、海の幸は下処理してあるものを買って調理する始末。でも、魚もさばけないとお嫁に行けない!と思い、今回はある道具を買ってみました。

この「魚ッ平(さかなっぺ)」というアイテム。

「魚ッ平」というネーミングのとおり、魚を3枚に下ろす道具。製造は刃物の町、新潟県三条市製で、信頼のおける商品です。かなりざっくりですが、使い方を画像で説明します。

魚をまな板の上に置き、頭を押さえ、ギザ刃で皮をはさんで手前に引き、皮を剥ぎ取ります。

アジの特徴でもあるゼイゴもこの刃で取ります。

頭をおさえ、えらのすぐ下にスプーンの部分を差し入れて、身をすくい取ります。

う~ん、これは便利です。少し慣れがいりますが、筆者があたふたしながら包丁でさばくより格段に早いです。

魚の身だけをすくい取るので内臓を出す必要がないのもいいですね。中サイズのアジなら約30秒、小さいアジは約10秒と特に簡単にさばけます。こんなに簡単なら、もっと早く購入しておけばよかったと痛感。

このギザギザの刃が肝。

アジだけでなく、面倒なイカの皮剥ぎも、皮をつまんで引っ張るだけの簡単作業でできるそうな。

ストッパーが付いてるので安心。

小さなアジだと3枚に下ろすのにも手間がかかり大変だと、ウチの母がいつもぼやいていました。これをプレゼントすれば喜んでくれそうです!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス