あるカメラマンが狐の親子を撮影している時、交通事故にあい亡くなってしまった母キツネを発見します。野生動物の世界では、親を亡くした子どもが生き延びて行く事は難しい事。カメラマンはそのままにはしておけず、この子キツネを獣医の元に連れて行きました。

幸いなことに子キツネは生後3週間になっており、怪我も無く元気でした。子キツネはDinozzoと名付けられ、ドイツの動物好きのSchmaing夫妻がこのDinozzoを引き取る頃になりました。



その家にいたのが、コリー犬のZivaです。

実はSchmaing夫妻は大の動物好き。Zivaの他にも、ベンガルネコのLeopold、2匹の子ブタが住む、動物一家です。そしてみんながDinozzoを優しく受け入れたのです。

特にZivaは、まるで我が子の様にDinozzoの事を大事に大事に扱いました。

Dinozzoも優しいZivaの事が大好き!

みんなの愛情を受けてDinozzoはスクスクと育ちました。

どうやらDinozzoは、自分のことを犬だと思っているのだそうです。

家に入る時には、ネコ用のドアを使用。

ベンガルネコのLeopoldとは、まるで仲の良い兄弟の様!

ZivaやLeopoldと一緒に遊んでは、一緒に眠り、とても幸せそうなDinozzo。

ママが亡くなってしまって可哀想だったけれど、今では新しい家族に囲まれて、素敵な毎日を過ごすDinozzo。彼らを見ていると、たとえ種が違ってもお互いの事を理解して、愛情いっぱいに暮らせるのだと感じて幸せな気持ちになりますね。

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

愛犬と一緒に、海を眺めながら暮らしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス