記事提供 ロバート・熊のブログ

最近、レジでのミスが多くなっていたパートさん

食品スーパーの社員です。先日パートさんのレジの金額がちょっとだけ合わないことを指摘しました。すると「え?なんで?」と言われ、原因を探りましたが、分かりませんでした。少額のレジ違算は原因が特定しにくいものです。

このパートさんはレジ違算が最近多くなっていました。本人もそれが嫌になっているようで「こんなに気をつけてるのに」「まるで疑われてるみたい」「私をレジから外すことは出来ないんですか?」と言ってきました。

レジと品出しは、どっちが損な役回り?

スーパーの仕事にはレジの他に品出し(売り場に商品を補充する仕事)があります。「レジでなく品出しに仕事内容を変えてもらえないか?」と言うパートさん。しかし、限られた人員で、みんなの、「あれがしたい」「これがしたい」という要望を全て聞くわけにはいきません。

実は「レジばかりさせられる」と言う不満は良く聞くのですが「品出しばかりさせられる」と言った不満はめったに聞きません。店にとってはどちらも大事で大変な仕事なのですが、アルバイトやパートさんには、なんとなくレジの方が損な役回りに見えているようです。

人は自分が考えて動く仕事にやりがいを感じます。

レジはそこから動くことは出来ません。それに対して品出しは自由に動くことが出来ます。自分で考えて動くことが出来ます。人はやらされて動く仕事よりも、自分で考えて動く仕事の方に大きな価値を感じるのだと思います。

私もそういったタイプです。7回以上転職をしていますが、自分が考えて動ける仕事内容にはとても大きなやりがいを感じたものです。それに対してやらされているという気持ちをもって仕事をするとモチベーションがどうしても上がりませんでした。

同じことばかりの仕事では都合のいいように使われていると思ってしまう心理

レジ業務はスーパーにとって重要な仕事です。従業員全員のあれがしたい、これがしたいと言う要望を全て聞くわけにはいきません。そこはパートさんも分かっているので「私はレジが嫌って言ってるんじゃないんですよ」「仕事内容をレジだけに固定されるのはどうかと思う」と言ってきました。

つまり同じことばかりの業務内容だと都合のいいように使われていると不満に感じたのだと思います。実際に店の運営上、都合がいいからそうしている面もあります。しかし人は同じことばかり指示されると自分の能力が活かされていないと感じるのだと思います。

結局、パートさんには品出しもしてもらうことになりました。品出しは、はたから見ると、のんびり歩いているように思われがちですが、実際は重たいものを運ばなければいけない重労働です。やってみなければ大変さは分かりません。

この出来事をブログで記事にしたところ、多くの方からコメントを頂きました。

私のブログの読者の方にはスーパー、コンビニ、ドラッグストアなどの小売業でパートをしている方が多くおられます。こう言った不満は良く聞く話だそうで、「以前にレジばかりさせられて嫌になったことがあります」と、このパートさんの気持ちに共感するコメントが寄せられました。

「レジと品出しは時給は同じですか?それなら不満が出るんじゃないか?」というコメントも頂きました。実は私のいる店では業務内容によって時給は変わりません。時給の差は与えられた仕事の習熟度で決まります。しかし、他のスーパーでは品出しよりもレジの時給を高く設定しているところがあるということを知りました。

どうしてレジの方が時給が高いのか?

レジはお店で一番目立つところにいるから花形とも言えるのですが、目立つということは一番最初にお客様からの要望や叱責も最初に言われることが多いのです。使用期限の切れたクーポン券をお断りしたらお客様から怒られることもあります。

また、混雑時で目の前のお客様が急がれてることも多く、速く、速くとプレッシャーがかかります。だからといって雑に商品を扱うとクレームになるため、大きさや重さを考えてカゴに入れていかなければいけません。

さらにお金を扱うという責任がかかります。少しでも金額が合わないと指摘され、高額違算は始末書です。品出しに比べて重たいものを運ぶことはないのですが神経をすり減らすことが多いように思われます。

品出しとレジはどちらも大変な仕事です。スーパーによってはレジの方が時給が高く設定されているからとはいえ、決してレジの方が偉いというわけではありません。「どうして私はレジばかり?」そう言った不満が出ないように時給に差がつけられているようです。

そして、時給に差があり、最初に業務内容を選択出来れば、そこで色々と葛藤は生まれるでしょうが、覚悟と納得の上で働き始める事が出来るようです、時給の差には、ちゃんとした理由があるようです。

最後までお読み頂き有難うございます。食品スーパーでの出来事を絵日記ブログにしています。よろしければ見に来てくださいね。

この記事を書いたユーザー

ロバート・熊 このユーザーの他の記事を見る

spotlight公式プラチナライター。食品スーパーの店員ならではの記事を楽しんでいただければと思います。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス