今のこの世の中、お金で買えないものはないというくらいインターネット上では多種多様なサービスがあります。今日は法事や法要をAmazon.co.jpから手配できるという、お坊さん便に注目した。

この、お坊さん便なるものを運営するのは葬儀情報サイトなどを手掛けるみんれびという東京の企業だ。一昨年の2013年にお坊さんを頼めるサービスを立ち上げ、今回はAmazonからも注文できるようにしたようだ。

法事などでお経をあげてもらいたいものの、お付き合いしているお寺がない、お金がない、相場がわからないという方たちに明朗会計の主要な法事や法要での読経は価格3万5,000円で行ってくれるサービスで追加費用の1万円で自宅などでの読経に加えて墓前など別の場所での法要をで頼めるプランもあるそうだ。

料金の中には僧侶への心付けや御車代、御膳料も含まれており3万5千円以外は一切必要がない。

ちなみにこのサービスは法要、法事のみで葬儀の場合は5万5千円からとなっています。

またこのサービスは全国各宗派の僧侶と提携しており、47都道府県どこにでも、主要な宗派の僧侶を手配することができさらに無料で宗派の指定もできる様です。僧侶の手配が可能なのは、浄土真宗(西・東)、臨済宗、真言宗、曹洞宗、浄土宗、日蓮宗、天台宗などです。その他の宗派についても問い合わせるとマッチングしてくれるようだ。


何でもお金で買える時代・・・・

お布施とはお坊さんへの報酬と考える方も多い昨今ですが、本来、布施とは仏教の「六波羅蜜(ろくはらみつ)」という6項目ある修行法のうちの一つにあたります。この6項目を実践することで煩悩が消えて悟りの世界に到達できるとお釈迦様は教えています。

お布施とは僧侶への報酬ではなく
財施(財をほどこす)、法施(真理を教える)、無畏施(怖れを取除き安心を与える)といった、見返りを求めずに、施し自分が救われるために行うものなのですが・・・・


イオンも過去にお布施の定額制を打ちだし仏教の世界に一石を投じました。
今回のこのサービスも仏教界に一石を投じるのであろうか・・・・。
サービス開始は明日からである。

この記事を書いたユーザー

でっかいおっさん このユーザーの他の記事を見る

ど~も~でっかいおっさんです。とある地方で子育て、相談支援をしています。保育士、僧侶、猟師(今年度取得予定)、そして多子(長男、長女、次男、三男)と空回り母ちゃんと暮らしています。みなさんと子育ての悩みや面白さを共有できたらいいなと思っています♪どうぞ4649おねがいします。

権利侵害申告はこちら