日本人ならやっぱりお正月には美味しいおせちが食べたいですよね。こちらの写真のおせち、弐ノ重には黒豆や伊達巻、田作りに栗きんとんと定番のメニューが並んでいますが…

こちらの壱ノ重、実は普通のおせちとは一味も二味も違うのです。

それでは、その中味をご紹介しましょう。メニューは…

左列上から、ラクダ肉の大和煮とべっ甲芋・キジの黄金燻製金粉掛け・ワニ肉くちなし煮素朴なインゲン胡麻和え
中央列上から、カンガルー肉とごぼうの味噌煮込み・紅白ウサギ肉紅酢アスパラ・イノシシの五色野菜巻き
右列上から、シカ肉のもみじ揚げ・熊肉とこんにゃく五色豆の有馬煮・ダチョウ肉のワインバター煮レンコン梅肉と一緒に

普段では決して食べれない9種(クマ・ワニ・うさぎ・猪・鹿・カンガルー・ラクダ・ダチョウ・キジ)の獣肉を柔らかく、美味しく調理しました。それぞれの濃厚な野性味溢れる豪華二段重をぜひ新年にご家庭で楽しんで下さい。

出典 http://clionmarket.jp

実はこのおせち、ジビエ料理で有名な”獣肉酒家・米とサーカス”監修の獣肉おせちなんです。新年から、獣肉でパワーアプして、エネルギー溢れる1年にしてみてはいかがでしょう?

また、販売元のCLION MARKETでは、他にも一味違うおせちが用意されています。

例えば、革命終焉の余韻を新年の食卓で味わえる”天龍源一郎引退記念おせち”

重箱には「revolution」の文字が!正月から「終焉」を味わうって(笑)ちなみに、中味はごく普通のおせちです。

また、イスラム教徒の方も安心して食べられる”ハラルおせち”も販売。

このおせちは、ハラル認証を取得している東京都赤坂にある「東京ハラルレストラン」が製造しているので安心です。

いずれも予約販売商品のみで、2015年12月25日17時まで予約受付中です。2016年のお正月は、一味ちがったおせちで迎えてみてはいかがでしょう?

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

愛犬と一緒に、海を眺めながら暮らしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス