FacebookをはじめとするSNSの普及で、“ネットでの出会い”に対して怪しさや不安を感じる人は少なくなってきているのではないでしょうか。実際、ネットで出会って付き合い始めた、さらには結婚したという話も珍しくありません。

今回は、確かで信頼度の高いつながりで、出会いの場として十分“アリ”なFacebookに注目。女性から好感がもたれるFacebookの使い方について、4人の独身女性にヒアリングして色々とぶっちゃけてもらいました。

お話をしてくれたのはこの4人の女性たち

Spotlight編集部(以下S編集):
相手の顔が見えるFacebookのプロフィール画像は、実際の出会いでいうところの“第一印象”くらい重要な要素。好印象なものは…の前に、まずはNGなプロフィール画像ってどんなもの?

取っ掛かりとして重要なプロフィール画像

Y子:
自撮りは絶対絶対ナシ。そのうえ、激しく画像加工してようものなら完全アウト。

A子:
いきなり厳しめ(笑)。でもほんとそれ。

C美:
あと、明らかに似てない美化しすぎなイラストもないよね。有名人の画像とか使ってる人もいるけど、それアナタじゃないし(笑)。

T美:
プロフィール画像はイラストでも写真でもちゃんと本人じゃないと…。そもそも基本なところからNGだと、投稿すら見る気も起こらない。

S編集:
皆さん、のっけから手厳しい…。ではどんなプロフィール画像であれはOKですか?

A子:
カメラ目線でない自然なスナップとか、イラストでもちゃんと本人だってわかる味わいのあるものがいいな。

T美:
第三者が撮った素の表情とかね。繰り返すけど自撮りはダメ、絶対。あと!Facebookで(プロフィールの)アイコンを頻繁に変える人いるじゃない?あれもダメだと思う。

C美:
それわかる〜。何年も経ってて変化してるとかならいいけど、頻繁にコロコロ変えられると「この人誰だっけ?」ってなって、興味も親近感も薄れる

センスが問われる?意外と見られているカバー写真

S編集:
本人ページのトップでしか見られないですが、面積的にはプロフィール画像より大きいカバーの写真についてはどうでしょう。皆さん、新しくつながった人のカバー写真ってチェックします?

A子:
カバー写真は大事ですね。ここもプロフィール同様、自分メインのナルシスト全開な画像はNG。愛車と一緒にとかちょっとね…。

T美:
アートぶったかんじの写真もちょっと引くかな。自分の影とか(笑)。

S編集:
このような風景写真はどうですか?旅行先の絶景をカバーにする男性も多いようですが。ちなみにこれ、Spotlightの副編集長のFacebookです。

C美:
わ〜キレイですね!私は南国好きなのでこういう青い空、青い海みたいなのは好きです。ここどこですか?

S編集:
沖縄の古宇利(こうり)大橋だそうです。絵はがきみたいでキレイですよね。

T美:
確かに男性はビーチ、青空、山率高いかも。副編集長さん、カバーは問題ないけどプロフィールが(笑)。なんか頭と肩幅のバランスおかしくないですか?

A子:
ウケる!でもこれは第三者が撮ったスナップだし、なによりツッコミどころ満載でおもしろいから、こういうプロフィール画像はむしろ好感度高いよね。

Y子:
プロフィールは本人とわかるものがいいけれど、カバー写真は逆に本人が入っていない方がいいかな。センスのよい画像(旅行、音楽、植物など)、その人の好きな物とかセンスがわかるようなものがいいですね。

投稿頻度と友だちの数は“少なめ”が理想

S編集:
投稿頻度についてはどうでしょうか?多い人と少ない人、どちらが好感が持てますか?

A子・C美・T美・Y子:
少ない方が絶対いい!

C美:
飲み会の写真とか行ったお店の料理写真とか、買ったものとかしょっちゅうアップする男性はイヤだな。

T美:
お店でも渋い居酒屋さんとか食堂とか、「センスある〜」って思える場所なら行ってみたいと思うからウェルカムなんだけど、やたらオシャレだったり高級そうなお店ばかりのアピールは鼻につくよね。

Y子:
あと、自分のチェックイン情報を逐一報告する人。これもお店の写真と同じで趣味がよくて「行きたいな。」と思える場所ならいいけど、ちょっと立ち寄っただけのカフェとか別に興味ないし。

S編集:
相手にもよると思うのですが、だいたいどれくらいの投稿頻度がベストでしょう?

A子:
週1回くらいかな。(全員同意)

S編集:
友だちの数とか、皆さん気にしますか?

C美:
気になります。私は同性の友だちが多い男性が好きなので、Facebookでも同性の友だちが多い人には好感が持てます。

T美:
とはいえ、数百人、千人単位は引くよね。そういう人はだいたい仕事もプライベートもごっちゃになってる。やたらめったらでつながってる感があって、実際のつながりも希薄そう。友だちっていうかただの知り合いでしょ?みたいな。

投稿内容とシェアする情報はバランスが大切

S編集:
これまでの様子からして、皆さん投稿内容にも意見が相当ありそうですね。NGな内容はさておき、それぞれどんな投稿内容なら好感が持てるか最後に教えてください。

A子:
定期的にスポーツを嗜んでいるとかいいですね。実はちょっとした大会に参加してて、それも友人からのタグ付けで知るっていうパターンは素敵だと思う。

Y子:
家族(親、兄弟)を大事にしている感がじんわり伝わってくる投稿には超好感です。あと、地元や学生時代からの男友だちとワイワイしているような投稿も、友だちを大事にしてる、大事にされてる感があっていい。

T美:
私はエンタメ、カルチャーのセンスを重視しているので、自分の趣味に合う情報をシェアしてくれたり、場所にチェックインしたりする人には興味を持つかな。

C美:
私もどんな情報をシェアしてくれるのかって重要だと思う。ライフハック系だったり、日本初上陸だったり、ためになる情報の感度が高い人は魅力的です。

Facebookをうまく使えば素敵な出会いも…

なかなか辛辣な意見も飛び出しましたが、男性の皆さんにはFacebookの使い方のヒントになったのではないでしょうか?

プロフィールや投稿内容のちょっとした気遣いで、好感度を高めることができて気の合う女性ともつながれるFacebook。出会いの手段として使わない手はないですよね。

実際、Facebookを使った出会いをサポートしてくれる便利なアプリもあるんです。

ゼクシィ恋結び

出典 http://lo.ameba.jp

「ゼクシィ恋結び」は名前のとおり、あの結婚情報誌で有名な「ゼクシィ」の恋活サービス 。結婚の手前から恋を応援してくれるなんて、結婚を知り尽くした「ゼクシィ」ならではですね。

メッセージ交換をする前には、免許書やパスポートでの本人確認が必須なので、安心感はバッチリ。

また、自分のFacebook上には「ゼクシィ恋結び」の内容やアプリを使い始めたことは投稿されず、サービス内の検索結果では、Facebookでつながっている友だちはお互い非表示。登録名はイニシャル表示になるので、個人情報の管理も万全です。

登録は無料ですが、メッセージ交換には有料会員になる必要があります。男性は月額1,780円~、女性は本人確認手数料の108円(※アプリ課金は120円)だけで手軽に始められるのもうれしいところ。

独身男性の皆さん、今回の独身女性のリアルな意見を参考に好感度のあがるFacebookの使い方をマスターし、「ゼクシィ恋結び」で本気の恋活を試してみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス