植物だけだと雑然としやすいので…

「庭に手を加えて花や木を植えてみたものの、雑然としてしまった」という経験はありませんか?ある程度広さのある庭をDIYで楽しもうとすると、最初は楽しいのですが、途中から「あれ・・・?」と感じることがあると思います。花や木などを植えた後に足りないもの、それは「ガーデンアイテム」です!

ちょっとしたものでも、最後の飾りつけをすることでより完成度が高まります!

和風庭園にするなら、和風アイテムを追加しよう!

和風アイテムのといえば「つくばい」ですね!本物の石で造られたものとなれば、何十万とする超高額なアイテムになりますが、コンクリートなどの人工的に作られたものであれば、安いものが多いです。

水を常日頃流しておきたいとなれば水道周りの工事が必要になりますが、雰囲気だけでも楽しみたいという方は置いておくだけでも雰囲気がグッと和風になります。実際につくばいに水を流し続けていると意外とうるさいので、設置場所は選ぶと思います。

憧れの灯篭もコンクリート製にすればお買い得!

灯篭は和風アイテムの最高峰といってもいいでしょう!ただ、石材屋さんなどで取り扱う本物の石でできた灯篭は、とてつもなく高価です!なので、安価に済ませたいという場合は、モルタルなどで作られた簡易の灯篭を購入すると持ち運びも石よりは楽であり、価格も抑えられています。

竹垣は意外と使えるアイテム!

竹垣アイテムは、仕切りとして便利です。こちらも本物の竹ではなく、プラスチック製などの簡易タイプをしようすることでお財布に優しいアイテムとなります。

足モノと明かりを演出!そっと照らす暖かな光

洋風のガーデンには欠かせない、明かりです!足元をそっと照らすタイプがオススメ!

ガーデンライトは、こういった埋め込まないタイプもあります。ただ、強風の時に倒れやすいので、大き目の鉢などを置き重し代わりにするなどの工夫が必要です。

マリブライトで夜のガーデンを楽しもう!

マリブライトは、デザインが様々あるライトのひとつです。ソーラータイプが多いため、消費電力も少なく、センサー機能がついているタイプは暗くなると自動的に点灯します。階段などのアプローチがあるお宅には機能的かつエクステリアのグッズとしても最高のアイテムです。

洋風ガーデン最強のアイテムは噴水!

洋風ガーデンの極みといえば噴水でしょう!ミニタイプもあり、ソーラーで水流を動かすような種類もありますので、ちょっとした箱庭にもオススメです!

バーベキューグリルは、勘で作るのがポイント?!

DIYで一番やりたい!という人が多いのが、バーベキューコンロです。レンガとモルタル・軽量ブロックなどで簡単に作れるバーベキューコンロですが、力仕事且つ、意外とお金がかかるので、その金額を出せばしっかりとしたグリルが買えるのに…という場合もあります。コスト計算してみるといいかも?

レンガの花壇づくりは個性的にすることで、レンガ節約!

レンガを使用しての花壇づくりも、洋風ガーデンにはもってこいのアイテムです。レンガは種類によっては、非常に安価で手に入るタイプがあります。ただ、レンガは統一したサイズばかりではないため、水平器等々を使用して厳密にしようとしても、素人作成では難しいかもしれません。

しっかりとサイズや水平を出したいという方は、ある程度価格のあるブランドタイプのレンガだと施工が楽かな?と感じます。

枕木をたてるだけで仕切りに大変身!

枕木を立てているだけですが、仕切りとして風合いを邪魔することなくいい感じになっていますね!本物の枕木だと高いですし、やはり木なのでいつかは腐る可能性があります。なので、擬木(中身はコンクリート等の人工物)を使用すると、メンテナンスフリーで楽チンです。

ガーデンオーナメントでアクセントをつけよう!

洋風ガーデンだからこそ、多用できるのがガーデンオーナメントです。このガーデンオーナメントで、センスが一気に発揮されるかもしれません。少々値が張るものが多いですが、1度買ってしまえば買い替えることは少ないので、お気に入りを見つけたらガーデンの雰囲気や、季節に合わせて揃えていくといいかも♡

この記事を書いたユーザー

ぽんたす このユーザーの他の記事を見る

山の麓に移住しスローライフを楽しみながら記事を書くWebライターです。
お役立ち情報など、色々な話題を発信中!

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス