アメリカでは、モールでサンタと一緒に子供達の写真を撮るのが恒例になっていて・・・

赤ちゃんと居眠りサンタさん

出典 https://www.facebook.com

これは、インディアナ州・エバンズビルにあるモールで撮られた写真です。

アメリカでは、クリスマス前になると、サンタクロースと写真を撮ろうと、子供連れの家族が列になって並んでいます。おひげをつけてはいても、どう見ても若い人が扮していると分かりやすいサンタも居ますが、最近は、本物の白いひげ、白い髪のおじいさんもたくさんサンタになっているのが目に付きます。

筆者の子供達は、怖がってまともにサンタクロースの膝に座って笑顔でいた子供はいませんが、アメリカの親にとって、これは言わば年中行事。少なくとも一枚は、サンタさんのお膝に座った子供の写真がどこの家庭にもあるのではないかと思います。

この日、ウォールターズ(Donnie Walters)さんも、生後6ヶ月になる息子を連れてモールにやって来ました。しかし、順番が周ってくる前に、赤ちゃんはぐっすり眠ってしまったのです。

ウォールターズさんが、息子の番になったとき、起こそうとしていたら、サンタさんが起こさないであげて、と言いました。そして、そのまま赤ちゃんを抱いて、自分も眠ってしまったようなポーズを取ったのです!それが、この写真です。

出典 https://www.facebook.com

サンタさん、赤ちゃんが愛おしくてたまらない様子。微笑ましい写真ですね。

出典 https://www.facebook.com

帽子を直してあげるサンタさんの目が優しそう!片足を挙げたままのポーズ、大変でしょうね。

出典 https://www.facebook.com

”The Night Before Christmas"の絵本を読んでいて、眠ってしまった、そんな設定の細かさにも喝采です。

このサンタさん、赤ちゃんと一緒に眠りに落ちてしまったというこのポーズで写真を撮ったのは二度目だったよう。前回は1997年と言うので、なんと18年も前のことでした。当時サンタさんは、ちょっと若かったのでしょうね~(笑)。

この写真がFacebookに投稿されてから、10日間で45万回も閲覧されて、24万回もシェアされた人気写真になりました。もともと、この写真は、クリスマスの可愛い赤ちゃんコンテストに出品するために投稿したようですが、あっという間に一躍ネットで大人気の画像になってしまいました。すごいですね。

サンタさんに一票!

子供と遊ぶサンタさん

出典 https://www.autismspeaks.org

もう一枚、こちらはサンタさんが床に寝転んで男の子と遊んでいる写真です。これが、どうして注目されるようになったか?そこには深い理由があったのです。

この写真は、ノースカロライナ州シャーロットのモールで開かれた” Caring Santa”というイベント中に撮影されました。この日このイベントに参加していたディーリー(Deely)さん夫婦と6才になる息子のブレイデン(Brayden)くん。ブレイデンくんは、3才の時に自閉症と診断されたそうです。

この笑顔の写真が撮れるまで、所要時間はなんと20分。サンタさんは、ブレイデンくんの心を開くため、床に寝転がって彼の目線で信頼を得るまで、ゆっくりじっくりと時間をかけて近づいて行くのです。ブレイデンくんに、スノーグローブを見せたり、彼が連れてきたぬいぐるみに話しかけたり・・・

2人の間に会話はありません。

そして、ブレイデンくんの瞳が輝き、サンタさんとハイファイブをしたのです!

これには、居合わせたお母さんは、とても感激し、思わずサンタさんにハグしたくらいうれしかったそうです。

「外出すると緊張して不安になる息子が、床に寝転んで相手をすれば、少しずつ心を開くということは、経験からわかっていても、それをサンタさんに伝えることはしませんでした。それなのに、サンタさんは、ちゃんと的確にどうすれば良いかわかっていて、ブレイデンくんに他の子供と同じようにサンタさんと一緒に写真を撮るというかけがえのない思い出を作ってくださった、心からとても感謝しています」、とインタビューに答えたお母さんでした。

出典 http://www.dailymail.co.uk

まず、椅子から下りて床に座ったサンタさん。

出典 https://www.autismspeaks.org

同じように床に寝そべって近づくサンタさん。まだ心を開いていない様子です。

出典 http://www.dailymail.co.uk

チップ&デールでしょうか?ブレイデンくんが持っていたぬいぐるみと話すサンタさん。

”Caring Santa”というイベントは、Autism Speaksという自閉症の子供を持つ親御さんたちのための支援団体と協賛し、毎年11月から12月に全米のモールを周って、障がいを持つ子供達にサンタクロースと一緒に写真を撮るという経験をさせるというものです。

混雑した場所や、大きな音に敏感な自閉症の子供達のために、このイベントは、モールが開店する前の静かな時間に開催されています。

出典 YouTube

サンタさんと子供達のふれあいの様子が動画に撮影されています。

すばらしいイベントですね。

サンタクロースさん、ありがとう!子供達の夢が叶いますように!

この記事を書いたユーザー

LittleD このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。テキサス州在住。料理研究家でフリーランスのコラムニスト

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • グルメ
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス