タリーズの「カベルネ&ストロベリーティー」が話題です。

Licensed by gettyimages ®

タリーズの冬のシーズナルスペシャルドリンクといえば、しっかりとした甘みのあるラテが多かったように思いますが、今年は「ティー」がリリースされています。「カベルネ&ストロベリーティー」

カベルネとは、どのようなものか、ご存知でしょうか。

※画像は、イメージです。

カベルネ・ソーヴィニヨンは、代表的な赤ワイン用ブドウ品種の1つである。もう1つの代表的品種であるピノ・ノワールと比べると温暖な気候を好む。収穫までに要する期間が長く収量も少ないものの、品質の良さのために世界中の多くの生産地で作付けされている。ヨーロッパブドウの品種の1つで、1990年代の遺伝学的研究によりソーヴィニョン・ブランとカベルネ・フランとの自然交配によって誕生したことが明らかになった。

出典 https://ja.wikipedia.org

赤ワイン用ブドウ品種の1つで、今回のメニューは、その果汁を主体とした商品です。すでにお試しされた方は、どのようなコメントをされているでしょうか。

一番多い意見が「美味しい!」でした。

今回のドリンクは、かなり好評のようです。

かなり多くのストロベリー果肉が入っていますので、食べ応えのあるドリンクです。

アイス・ホットともに、好評のようです。

カベルネ&ストロベリーティーは、赤ワインやフルーツを入れた“バリエーションティー”をイメージしたフルーツティー(ノンアルコール)。赤ワインに使われるぶどうの品種「カベルネソーヴィニヨン」などの果汁と紅茶が合わされている。ストロベリー果肉がトッピングされ、つぶつぶとした食感が楽しめるそう。

出典 http://entabe.jp

ノンアルコールですので、お酒が苦手な方も、ワイン果汁が含まれたカベルネ&ストロベリーティーを楽しむことができます。

今回のドリンクにハマる方が多いようです。

甘みがしっかりしているというTweetも見られましたので、甘さ控えめが良い方は、バリスタさんに相談してみると良いでしょう。

定番化を求めるTweetも見受けられました。

赤ワインのブドウ品種「カベルネソーヴィニヨン」を主体とした果汁に、紅茶の程よい渋みと香りを合わせました。ストロベリー果肉の食感も楽しいバリエーションティーです。

出典 http://www.tullys.co.jp

甘さと渋みの両方を楽しめそうですね。

フードとの相性も良さそうですね。

お値段に関係なくオーダーしたくなるドリンクは、価値ある証拠ですね。

<商品名・価格>
■『カベルネ&ストロベリーティー』(HOT/ICED)
Short:410円/Tall:460円

出典 http://www.gourmetbiz.net

今回は2サイズのみのリリースです。

タリーズで、甘ずっぱいティータイムを。

Licensed by gettyimages ®

大好きなカフェで新しいメニューをオーダーする時、ワクワクしますよね。ぜひタリーズコーヒーのカベルネ&ストロベリーティー、お試しくださいね。

この記事を書いたユーザー

山本明日香 このユーザーの他の記事を見る

講談社:VoCE読者ブロガー「VOCEST」3期生。スワロフスキーアーティスト。ヨガ、ストレッチを中心としたボディメイク、ヨーロッパのファッション・ライフスタイルなどを発信するのが得意!ダイエット検定1級取得。Webライティング能力検定1級合格 ◆美容ブログ:http://ameblo.jp/asukaproduce/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス