通販オペレーターが受けた注文電話の相手は、住所も言えない5歳児だった…。

そんな冒頭から始まるエッセイ漫画に「愚痴エッセイかな?」と読み進めてみると、その先に予想もなかった展開が待ち受けます。

クリスマスの夜に、その電話は鳴った

出典 https://dokusho-ojikan.jp

「いたずら電話」に対して通販オペレーターは思い切り塩対応するのだった。

注文者は5歳。彼は、ちっとも諦めようとしなかった。

出典 https://dokusho-ojikan.jp

どうやらいたずらではなく、電話越しに母親が居るようだった。

1時間半に及んだ攻防。オペレーターも諦めなかった

出典 https://dokusho-ojikan.jp

そこで彼はあることに気がついたのでした。

電話越しのお母さんの正体、それは…

出典 https://dokusho-ojikan.jp

通販オペレーターの彼に、思わぬ展開が待っていたのでした。

親子の愛と、偶然が導いた温かい繋がりの大切さ。クリスマスは誰かに優しくしたくなる…そんな感情に気づかせてくれる作品ですね。

この記事を書いたユーザー

読書のお時間です編集部 このユーザーの他の記事を見る

会員数180万人突破!! 在庫約9万冊のコミックサイト❤ オリジナルマンガ投稿サービス「マンガにしてみた。」も展開中です!

権利侵害申告はこちら

Amebaみんなの編集局に登録してSpotlightで記事を書こう!