私も含め靖国神社を韓国人が爆破したという点にのみ注目が集まっていますが…。

このツイートで呟いておられるように、問題点はそこではないという事を理解しなければいけません。
私自身このツイートを見てハッとさせられました。

数日前に入国し、即出国という事実

東京都千代田区の靖国神社内の公衆トイレで爆発音がして不審物が見つかった事件で、防犯カメラに写っていた韓国人の男が事件の数日前に「短期滞在」で入国し、事件当日に帰国していたとみられることが3日、捜査関係者への取材で分かった。

出典 http://www.sanspo.com

この通り数日間の滞在で見事に警察を出し抜きテロを敢行して悠々と国外へ脱出しているのである。

前日に下見も…。

トイレ周辺の複数の防犯カメラには爆発音の約30分前、リュックサック姿で袋を持ち、眼鏡を掛けた黒っぽい服装の男が写っていた。男は事件前日にも神社の防犯カメラに写っていたという

出典 http://www.sankei.com

考えなければならないこと

韓国人で靖国神社だからこそ、感情的になり気が付かないかもしれないが、確かに、テロリストがテロを敢行して、即日国外に逃亡…。
そう考えると日本の警察は何をしているんだと言う事と出入国の審査をもっとちゃんとやらなければならないと言う事に気がつくのではないでしょうか?

韓国人云々よりもテロリストをみすみすと入国させ、逃げられてしまうことの方が確かに問題なのです。

引き渡しは絶望的?

韓国で靖国神社は「反日のシンボル」のような存在で、日本非難なら何をやってもいいという“反日無罪”を許容する社会土壌もある。日韓は犯罪人引き渡し条約を結んでいるものの、今回の事件は靖国が絡んでいるだけに、容疑者の逮捕・身柄引き渡しに向けて対応を誤れば、韓国世論の反日感情に火を付けかねない。日韓の新たな外交問題にも発展しかねない危うさをはらんでいるといえる。

出典 http://www.sankei.com

韓国としてはできる限り引き渡したくないでしょう…。
すると事件は闇の中へとなってしまいます。

靖国神社をめぐっては、神社の門に放火したとして日本政府が韓国側に身柄引き渡しを求めていた中国人の男に対し、ソウル高裁が2013年、「政治犯」と認定し日本への引き渡しを拒否したケースがある。

出典 http://www.sankei.com

この様に過去にも、引き渡さなかった事例があります…。
韓国はまだ身柄の引き渡しの条約がありますが、ない国も多くあります。
その場合は、交渉などもっとややこしくなり、テロリストはやり逃げ状態になってしまうのです。
特にいま話題のイスラム国がやってイスラム国の活動範囲に逃げられたら手も付けられませんし、国際的に恥を晒してしまうのです。

靖国神社とは…。

東京都千代田区九段北に鎮座する元別格官幣社。明治2 (1869) 年,明治維新の殉難者 3588柱を祀るため東京招魂社として創建され,1879年靖国神社と改称した。靖国は「安国」を語源とし,国家の平安のために殉じた者を祀る意である。

出典 https://kotobank.jp

詳しくは下の記事を読んでいただければ幸いです。

追記

男は爆発物の材料を複数携帯して入国した可能性が高いことも判明。

出典 http://www.sankei.com

ちょっと笑えない事態ですね…。

新たな展開を加えての記事

こちらも関連記事になっていますのでぜひ御覧ください。

この記事を書いたユーザー

いつか笑って過ごせる日まで このユーザーの他の記事を見る

いつか笑って過ごせる日までと申します。 起業家でフリーライターです。政治からゴシップネタまで幅広く手掛けています。 残念ながら今はまだ貧乏人です…。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス