記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
赤ちゃんのお世話で非常に頻繁に直面する病気に「おむつかぶれ」があがります。

今回はこの「おむつかぶれ」について、医師に詳しい話を聞いてきました。

どうしておむつかぶれができるの?

赤ちゃんの体温はわれわれ大人よりも常にやや高い体温になっています。そのため、赤ちゃんの皮膚は非常に汗をかきやすいのです。このジメジメとした状況下に、おむつ特有の状況が加わって、おむつかぶれを発症します。おむつの中は小便や大便のため細菌の温床になりやすい環境です。その刺激がお尻の皮膚に伝わり、皮膚のバリア機能の弱い赤ちゃんは、おしり全体が赤くなったり、赤い点のようなポツポツとしたものができるのです。

皮膚炎ですのでかゆみや経度の痛みを伴うことがよくあります。赤ちゃんは自分で痛みを訴えることができないので、排便や排尿のたびに泣く場合は、おむつかぶれなのかもしれません。

おむつかぶれを予防するには

蒸れと汚れを減らしてあげることが、予防方法として最も大切です。赤ちゃんが泣いていても「どうせまたおしっこするんだから」とおむつ交換をしないでいると、その間ずっと皮膚は刺激されている状態になります。便をしたあとは、すぐに拭き取って陰部周囲をきれいにし、新しいおむつに変えてあげましょう。

また、使用しているおむつがくい込んだり圧迫が強すぎると、それが接触性の刺激となり炎症を引き起こすこともあります。これは赤ちゃんが体格と合っていない、小さすぎるおむつを使用している場合に起こります。

乳幼児の成長は想像以上に早いのです。ですから、気がついたら以前のおむつが小さくなっていたということもよくあります。小さすぎるおむつが原因で炎症が始まることもあるので、常に適切なサイズであることを確認しましょう。

おむつかぶれの治療

できてしまったおむつかぶれの治療は、まずはなんといっても清潔にしてあげること。シャワー浴で清潔にし、軽いうちには亜鉛華軟膏などのような外用薬を塗ってかゆみを抑えてあげましょう。

もしも赤みや炎症が強く、痛みも強そうであれば、非常に弱いステロイド剤の配合された外用薬を用いて炎症を沈静化してあげることになります。医師に相談しましょう。

子どもの咳が続く…もしかしてぜんそくかも?≫
1分で簡単チェック【こどものぜんそく】を診断してみる

【医師からのアドバイス】

おむつかぶれが最も多いのは下痢の場合です。その場合、お尻は吹いてきれいにするよりも温水で洗ってあげるほうがよりよいでしょう。また、布おむつよりも通気性のいい紙おむつの方がいいでしょう。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら