自立が早くなる

スキンシップで、子どもの自立が早くなります。

ママに愛されているから少し離れても大丈夫だと安心できるんです。

出典 http://www.madameriri.com

スキンシップが十分の子供は、愛されているから大丈夫だと思います。

子どもへのスキンシップが多いと、子どもは安心して外の世界に出て行こうとするようになると思うんです。

出典 http://www.madameriri.com

大丈夫だという自信を持てば、外の世界に足を踏み出そうとします。子供はもともと好奇心が旺盛です。その好奇心を満たそうと動き出せるわけです。

スキンシップで十分な愛情を与えられることで心が満たされ安心感を得られたこどもは、親から離れて一歩踏み出す勇気を持てるんだそうです。

出典 http://yuicreate.com

もし、なかなか子供が自立しようとしないのであれば、スキンシップが不足しているのかもしれません。スキンシップ不足により、外に足を踏み出す勇気を持てないのです。

コミュニケーション能力が上がる

スキンシップで、子供のコミュニケーション能力が上がります。

他人と親しくなるのはたやすく、他人に頼ったり他人に頼られたりするのが好き。自分に自信を持ち、他人のことを信頼して親しくなることが容易になる

出典 http://www.genki-kids.net

子供は友達を作ることが得意になります。そして、友達とはギブアンドテイクの関係を楽しむことができます。オープンマインドの子供に成長します。

他人がいやいや自分と親しくしているのではないか?恋人は本当は私を愛していないのではないか?一緒にいたくないのではないかと疑ってしまう

出典 http://www.genki-kids.net

一方、スキンシップが足りないと、自分に自信が持てず、他人に対しても疑り深くなります。「こんな自分を愛してくれるなんて、おかしいのではないか?」とさえ思ってしまいます。警戒心が強く、他人に心を閉ざし、内にこもりがちになってしまいます。

良い人間関係を作るのが、難しいタイプの大人になります。

「絆ホルモン」が分泌される

スキンシップで、オキシトシンがたくさん分泌されます。

スキンシップは『絆ホルモン』とも呼ばれるオキシトシンの分泌を増やします。

出典 http://papimami.jp

このホルモンは、子供の情緒の安定に欠かせないものです。

子どもの情緒の安定や社会生活には欠かせないものだということが分かっています。

出典 http://papimami.jp

したがって、スキンシップが多ければ、情緒の安定した子供になります。

スキンシップが多いほど、癇癪を起さない、落ち着いている

出典 http://papimami.jp

オキシトシンは、ママにとっても良いホルモンです。子供とスキンシップをとったとき、温かい気持ちになったことはありませんか?それは、オキシトシンの効果です。

ママのストレス解消にもなるのです。

将来の年収に差が出る

スキンシップの多寡は、子供の将来の年収に影響を与えます。

対人関係の第一歩は母親との関係と言います

出典 http://www.huffingtonpost.jp

研究ではなんと、年収ベースで890万円の差が出たそうです。

幼少期に母親と暖かい関係を築けていた男性は、そうでない男性と比べ、なんと年収が平均8万7千ドル(約890万円)も高いそうです。

出典 http://www.huffingtonpost.jp

これは、人間関係を築くスキル、コミュニケーション能力と関係がありそうです。スキンシップが十分だった子供は、コミュニケーション能力が高く、友達が多くなります。その結果、人脈が豊富になるという傾向があります。

人脈は成功のための鍵(無形の財産)ですので、人脈が豊富であれば、成功する可能性も高くなります。その結果、年収に大きな差が出るのだと思います。

女の子は「男を見る目」が養われる

女の子は、父親とのスキンシップが大事です。

女の子の場合は、父親との関係が恋愛に影響を与えます。

出典 http://www.huffingtonpost.jp

父親とのスキンシップで、男性を見る目が養われるのです。

女の子の場合、乳幼児期から父親が愛情を持ってスキンシップをすることで男性を見る目が養われるという説があります。

出典 http://yuicreate.com

父親とのスキンシップの経験から、「愛情があって触れてくる男性と、そうではない男性とを区別できるようになる」そうです。

女の子の場合、父親が乳幼児から愛情を持って触れていると、「愛情があって触れてくる男性と、そうではない男性とを区別できるようになる」とのことです。

出典 http://www.huffingtonpost.jp

ダメ男とばかり付き合ってしまう…という女性がいますね。もしかすると、その女性は、父親とのスキンシップが足りなかったのかもしれません。

娘の(将来の)男性関係が心配だというパパは、今のうちに娘とスキンシップをしっかりとりましょう。将来に禍根を残さないようにしてください。

まとめ

子供とのスキンシップを増やした方がいい理由をまとめました。

1)自立が早くなる
2)コミュニケーション能力が上がる
3)絆ホルモンが分泌される
4)将来の年収に差が出る
5)女の子は「男を見る目」が養われる

以上の5つです。

日本人にはハグなどの習慣がないため、比較的親子のスキンシップが少ないと思います。アメリカなどでは思春期の大きい子供でも、親と普通にハグでスキンシップをとりますが、日本ではちょっと考えられませんね。

スキンシップを増やしても、デメリットはありません。もう少し、子供とのスキンシップを増やしてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス