記事提供:しらべぇ

静岡県静岡市に2015年11月21日(土)、女性を中心にブームを巻き起こしている「おふろcafé utatane(埼玉県さいたま市)のフランチャンズ1号店「おふろcafé bijinyu」がオープンした。

「最高にくつろげる!」「オシャレすぎる!」と話題の本家おふろカフェだが、それに続くトレンドスポットとなるかもしれない。

■おふろcafeとは?

出典 http://ofurocafe-utatane.com

埼玉県さいたま市の本家おふろcaféは、「銭湯」と「ネットカフェ」が合体したような複合施設だ。温泉に入れる、カフェご飯が食べられる、漫画も読める、くつろぎ空間で寝られるなど、とにかく癒しの要素がたっぷり詰まっている。

この度オープンした静岡のおふろcaféはといえば、もちろん、その魅力をきちんと踏襲している。ただ、「おふろ×和カフェ」をコンセプトにしているところが、ひとつ大きな違いになるだろう。

■和カフェならではのメニュー

おふろcafé bijinyuは、1階がおふろで、2階にリラックススペース、カフェなどがある。「和カフェ」の真骨頂といえるのは、やはりそのカフェだ。

おしながきには、お茶漬けや丼ぶり、蕎麦など、日本人に親しみ深いメニューがずらりと並ぶ。これは、スタッフが人気メニューだと言っていた「漁師のしらすご飯」

静岡名産のしらすがたっぷりと入っており、梅、三つ葉との相性もバッチリで箸がすすむ。

カフェには欠かせない甘味も、和テイストで染まる。こちらは、「和三盆と大納言の和パフェ」。見た目よりもずっとスッキリした味わいで、シメにはもってこいである。

■リラックススペースの無料アイテムがスゴい!

和カフェと同階にあるリラックススペースは、無料アイテムが非常に充実している。約1万冊を誇る雑誌や漫画が読み放題で、Wi-Fiも使い放題

そして小さな箱が連なる「ヒトシェルフ」、掘りごたつとソファーが一体化した「バスタブソファー」などのスペースで、自由な時間を過ごすことができる(各所にコンセントもアリ)。

ちなみにリラックススペースの端には、いくつかのハンモックもぶらさがっている。まるで秘密基地のようで子供心がくすぐられる。

■お風呂は静岡自慢の天然温泉

出典 http://ofurocafe-bijinyu.com

じつは、おふろcafé bijinyuは、地元民が通う銭湯「美肌湯(びじんゆ)」をリニューアルした施設。

ただ、1996年に営業を開始して以来、静岡が誇る天然温泉として愛されてきたお風呂には、一切の手を加えていない。昔ながらの古き良き湯を、今でもそのまま楽しめるわけだ。

現代らしいオシャレな和空間と、時代を感じさせる天然温泉の斬新なコラボレーションは、ここでしか味わえそうにない。

【おふろcafé bijinyu】
住所 静岡県静岡市葵区籠上15‐15
営業時間 6:00~23:00

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス