記事提供:Techinsight

東京スカパラダイスオーケストラの谷中敦が『2015 FNS歌謡祭』で嵐と共演した際に、以前から気になっていた松本潤への失礼を詫びたという。さらに柴咲コウとは昔、2人で飲んだ時の苦い経験を思い出したりと懐かしい再会が多かったようだ。

東京スカパラダイスオーケストラのバリトンサックス担当・谷中敦が“スカパラホーンセクション”として12月2日の『2015 FNS歌謡祭 飛天』に出演した。

彼は翌日に、『谷中敦(a_yanaka)ツイッター』で共演したアーティストたちとのエピソードを振り返っている。

嵐とは『GUTS!』をコラボしており、「みんな紳士的で格好良かったな。最高でした!有難うございました」と礼を述べる谷中敦。実は以前、松本潤のメールアドレスを聞いて自作の詩をたくさん送りつけたことがある。

今回、彼に直接会えたことからその件を詫びたところ「優しい笑顔で許して貰って恐縮しまくりでした」と明かしホッとしていた。

また、『野性の同盟』や槇原敬之とのコラボで『素直』を歌った柴崎コウとも久々に会ったらしい。『谷中敦 a.yanaka Instagram』にツーショットを投稿して「大昔二人で飲んだときに泥酔した俺を置いて帰った男前な女」と過去を明かす。

ただ、「今日の歌二曲とも繊細で情感こもってて良かったね」とコメントしているので今も仲は良いようだ。

他にも『海の声』を披露した桐谷健太との再会を「十年以上前、酒に呑まれてた頃深夜に良く会ってたんだよね」と懐かしめば、

伊藤英明とは「もう16年も前かな。宮迫と一緒に呑んだときに知り合って、その後単身武道館までライブを見に来てくれた…」など、酒を通して広い人脈を持つ彼の意外な一面が垣間見えた。

ももいろクローバーZとはさすがに酒の縁はないが、CDを交換し合ってスカパラホーンセクションと並ぶ記念写真に「俺父親みたいな顔してんな」と苦笑していた。谷中敦にとって今回の『FNS歌謡祭』は、音楽だけでなく同窓会のように楽しかったことだろう。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス