記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
デリケートゾーンは、痒みや炎症、臭いなどさまざまなトラブルを発症しやすく、多くの女性が悩まされる場所でもあります。今回はその臭いと臭いから予測される病気について、医師に聞いてみました。

デリケートゾーンが臭うのは当たり前!?

デリケートゾーンは、誰でも臭いがあるのは当たり前のことです。それは汗や尿、生理による経血、そしておりものと、さまざまな分泌物を排泄する場所だからです。
お風呂上がりは臭いが気にならなくても、日中生活をしていれば多少の臭いが発生してしまうのは、仕方がないことなのです。特に生理前や生理中はおりものが増えるため、臭いがきつく感じる人もいるかもしれません。

臭いの元は“常在菌”!

「清潔にしていているのにどうして臭うんだろう、病気なのかな」と、不安になるでしょう。
健康な身体でも臭ってしまうのは、私たちのデリケートゾーンを守ってくれている常在菌が原因です。この常在菌は、デリケートゾーンに存在する分泌物や排泄物を餌とし、その老廃物を排泄することで、臭いを発生させています。また、臭いの元を排出するアポクリン腺が存在するため、臭うのは身体の仕組みとして仕方がないことなのです。

しかし、生理前でもないのにいつもより臭いが強かったり、いつもと違う臭いがした場合は注意が必要です。

疑われる病気には、
・細菌性膣炎
・トリコモナス感染症

また、
・淋菌感染症
・カンジダ症
・クラミジア感染症
なども臭いをともなうことがあります。

臭いをともなう2つの代表的な病気について解説しましょう。

雑菌の異常繁殖が引き起こす「細菌性膣炎」

【症状】
おりものの臭いが生臭い、魚臭い。おりものの増加と粘着性が高いなどの異常に加えて、下痢や発熱などをともなうこともあります。
【原因】
デリケートゾーンに不衛生な環境が続いたり、性交渉の際に相手から雑菌をもらったことが原因です。前述の常在菌の中には、善玉菌と雑菌が存在しています。この雑菌の異常繁殖によって、常在菌のバランスが崩れて炎症が起きてしまいます。
【治療】
デリケートゾーンを清潔に保つことが大切です。

悪臭を発症する「トリコモナス感染症」

【症状】
おりものの独特な悪臭を発症する性感染症のひとつであり、臭いを感じた際に一番に疑われる病気です。おりものの異常や、性器が赤くなったり、排尿時の不快感などをともないます。
【原因】
トリコモナス原虫が膣内に入り込むことで感染する病気です。
【治療】
内服薬または薬を膣内に投与する治療が主流です。

【医師からのアドバイス】

おりものの色や量の変化は気付きやすいものですが、臭いも病気のサインとなるため、見逃さないようにしましょう。そして、デリケートゾーンの病気は放置してしまうと、子宮内や身体全体へも広がり、不妊の原因にもなりえます。異変に気付いたときは、まず病院を受診しましょう。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス