記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
女性特有の身体の悩みは本当にたくさんあります。中でも、婦人科系の悩みは人に相談しにくいものの一つですよね。
今回は、ひそかに悩んでいる人も多い、デリケートゾーンのかゆみの原因と対策について、医師に解説していただきました。

デリケートゾーンのかゆみの原因って?

デリケートゾーンのかゆみといえば、どんな原因が思い当たりますか?
多くの方が経験があるのは、皮素材のパンツやナイロンのパンティーストッキングなど、汗を通しにくい素材の洋服を着ている時などではないでしょうか。
また、生理中でナプキンを当てている時や、汗をかきやすい夏場のスポーツなどの時のムレによるものも多いです。

特に、生理中のナプキンによるムレは人前で掻くこともはばかられますし、かゆみも激しいことが多く、生理中の体調不良とあいまって本当に不快なものです。
もちろんこのかゆみは経血によるムレが主原因ではあるのですが、もう一つ、あまり知られていない、このかゆみの原因として細菌の繁殖があります。

考えてみれば、生理中の女性のデリケートゾーンは湿気や温度など雑菌の繁殖にはとても適した状況です。
近年の生理用ナプキンはとても改良されていて、吸収力もあり、多少長い時間、取り替えなくてもあまり濡れて不快、ということはなくなっています。

このため、とりかえるタイミングを失い、見た目上さほど汚れてはいないけれど繁殖した雑菌がかゆみを引き起こしている、といったケースもあるようなので、汚れていなくても定期的にナプキンを取り替えるといった心がけは大切です。

ひどいかゆみの場合カンジダに感染しているかも!?

また、そのほかにデリケートゾーンのかゆみの原因として考えられるのが、カンジダ大腸菌などの感染によるものです。
カンジダは、女性の膣内の常在菌で、風邪を引いて体力が落ちたり、抗生剤を服用したり、ストレスが強いときなどには急激に増殖し、カッテージチーズのような形状のおりものがたくさん出る、デリケートゾーンに強烈なかゆみを生じる…といったことが知られています。

また、時々誤解されているようですが、カンジダは常在菌が原因ですので、セックスの経験のない女性にもよく起こることがあります。
もしカンジダが疑われる場合には、早目に婦人科を受診しましょう。お薬の使用で比較的速やかに改善することが多いようです。

加えて、大腸菌やブドウ球菌がデリケートゾーンに感染を起こしてしまう
・感染性外陰炎
性感染症としてよく知られる
・尖圭コンジローマ
・トリコモナス膣炎
も、意外と多くの方がかかられているようですね。

≪カンジダと同じ原因の水虫。気づかないうちに多くの人が感染しています≫
1分で簡単チェック【水虫度】を診断してみる

【医師からのアドバイス】

感染やムレなどがなくても、ストレスによってデリケートゾーンのかゆみが出ることも知られています。また、妊娠中の方や、糖尿病などの基礎疾患をお持ちの方の中にもかゆみが出やすい方が多いようです。

どの場合も、まず大切なのはかゆみが出たらデリケートゾーンの清潔をより一層心がけること。洗浄力の強い石けんでごしごし洗うのではなく、泡立ちの良い石けんで優しく洗うようにするといいですね。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス